しろまるは不穏当

世界の片隅でのんのんと生きるおじさんのつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

Language

ただただ怠惰になずまねばならなかった

朝,起きられない.むにょむにょと同居のひとが出かけるのをぼんやり眺めるばかり.行ってらっしゃいな. ぼんやりは継続し,結局昼過ぎまで迂闊な時間を過ごす.どろどろどろ.ようやく起きたら,ちょっと台所をいじります.お昼ごはんにしました. 少しだ…

すみっこでじっとしていよう

目立たないように気を配っていればいいんだ,と階段の下あたりで身を潜めるような,おばけ色の朝でした.おかしな夢から目醒めて,よろよろ同居のひとが出かける準備を手伝う. はいー,それでは行ってらっしゃい.ぼくは洗濯でもいたしましょうかね.ごろん…

なぞなぞしましょ

同居のひとの身支度で目が醒めます.なんとなくもんやりと起き上がるも動きについていけなくて,どうにもぐったりと.お出かけするのを見て行ってらっしゃいを言ったところでまた力尽きる.おふとんに戻ります. 結構がっつり寝てしまい自己嫌悪を覚えながら…

夜はいつも君のものさ

妙な夢から目が醒める.このところまっとうな夢を見ることができない.ふらふらしながらおふとんに座ってブートアップするのを静かに待って. そうこうしていると,同居のひとの起きるべきアラームが聞こえてくる.それじゃ朝ごはんにしましょうかね.洗い物…

少年は熊を愛するものさ

ぼってりと起きる.胃酸が上がって少しつらい.飲み物を飲んで胃酸を薄めて少し楽になった気がしますがどこまで本当なんだか.ごみ捨てにふらっと出るつもりが,ほんの少し二度寝させてください.机に伏してごぶーごぶーと寝る.だけどももうさすがに時間が…

その発音はおかしいね

起きられない月曜日の朝.やれやれ.同居のひとはお昼ごはんをひとりで食べていた様子.なんかすみません.ともあれ昼になってもうだらうだら過ごしてしまったね.同居のひとがゲームをやってるのを眺めようかとリビングまで這い出してきましたがそのまま床…

In the name of the moon

はた,と目が醒める.いけませんな,急がないとごみ捨ての時刻が近くてばたばたっとごみ袋の口を括ります.大急ぎで出しに行って無事間に合う. 自室にてヘッドセットを頭にかけて音楽を聴いていたら,いつの間にか同居のひとが部屋のドアを叩いてた.郵便が…

たぬきの墓参り

起きたものの.なんかもう昼でした.同居のひとは自分でなにか食べ物をこしらえて食べていました.ぼくはぼんやりと,眠気が強いので少しも食欲はありません.その後ゆったり同居のひとが自室へ向かい,作業をしているところでぼくは二度寝する. アラームよ…

一億年前のリセットを想う

よろるろらりれひ.いちおう起きてもぞもぞと,調べものから始まる朝.たちたちとキーボードを叩いてると同居のひとが起きるアラームが遠く聞こえます.はい,起きてください. 朝ごはんというか昼ごはんを作って食べていただく.いくつかの食材がなかなか売…

あなたが喋るか眠るかするまで

目を醒ますと,まあほどよい時刻でありました.同居のひとは昨日の夜遅い時刻に諸方面にメールを書いて今日のお休みをもぎ取ったようです.体調悪いですからね,しかたないよ. 同居のひとがまだ寝ている間に洗濯.ざっぷんざっぷんドラムを二度回しその間は…

ちょっとぐずるけどね

ほとり.目を醒ます.醒めたもののまだまだうだうだしていると,ふとチャイムが鳴る.ああそうだったね,今日は庭に業者さんが入って植栽をしてくれる日だった.急いで出たら特に鍵を開けるとかそういった類のものではなく,単に庭に入るための確認だけでし…

悪しき者どもから私の心を守るためだ

もにゃもにゃ.おはよう世界.ではそれなりに作業をしましょう.あと同居のひとが起きてきたらゆったり朝ごはんの支度をする.このところ朝作れてなかったから,久しぶりにしっかり一緒の朝ごはんでうれしい. 同居のひとがお出かけ.それじゃあどうぞ行って…

"Monkee" Tambourine

朝,チャイムが鳴った気がして起床.だけどそれも気のせいでした.でも少しすっきりしたので活動を始める. 同居のひとは今日はおやすみ.まだもっと寝ててもいいんです.ぼくはちょけちょけと手を動かして数点の片づけものを片づけます.やれやれ. 洗濯物…

あやまることができました

朝起きます.同居のひとから朝食を所望されたのでそのように.適切にぱぱぱと作り,どうぞお食べ下さい.その他身支度をちょっとお手伝いしそれではどうぞ行ってらっしゃいな. 午前はいろいろあって潰れましたが昼過ぎからネット越しにいろいろと取り決めに…

闇に連れられここにきたのでしょう

あんまり早くもない朝.とりあえずふにゃらっとおふとんの上に座って頭をゆらゆらと揺らしておりました. 同居のひとが起きてくるのでそれに合わせて朝ごはんを作る.かちかち.お皿に乗せたら,どうぞ召し上がれ.では行ってらっしゃい,気をつけて. 洗濯…

桜リタルダンド

朝起きる.だけどまだ眠いのでして,ちょっと作業をしたもののまた眠る. 同居のひとがごそごそしている音でもう一度目が醒めました.おやおや,結構な時間が経ってしまいましたね.お昼ごはんを作る気力が出なくって同居のひとに作ってもらいましたよ. 同…

foxes, dogs, racoon dogs

朝いったん起きるも,少し二度寝をかましてしまう.起きてから慌ててごみ捨て場にダッシュ.間に合ってよかった.よかったったらよかった. その後はしっかりと目を醒ましたらかりかり作業.眠いけど,洗濯とか並行して行いながらやりましょうか. お天気悪…

真澄の空は朗らかに晴れて楽しい心

朝.のろのろと目が醒めてたようなそうでもないような.同居のひとが朝ごはんを希望したのでよっこらと動いて台所へ行き,ちゃもちゃもとなにやらかを作って食べてもらって.身支度を整えてもらい,では無事に行ってらっしゃい.今日も元気でね. 本当はいく…

Happy-Go-Lucky

いつものように起床.ちょっと遅め.同居のひとが遅い朝ごはんを所望しどの種類の炭水化物が良いですかと選んでもらう.適当に食べてもらい皿を下げ,お出かけの準備しますよ.それではどうぞ,今日もまた元気で. 送り出してから眠みに負けて二度寝.よっこ…

ここは言霊のある国なんだし

昨夜寝たのが早かったせいか,朝はすっきり起きることができましたよ.まあ,まだ夜が明けてないんですが.こういう時には二度寝するよりかは起き続けておいたほうがいいだとかどっかで読んだよ.どうしようかね. ぎゅっくぎゅっく作業をしていたらそろそろ…

うわさを信じちゃいけないよ

ふわっと起きる.よろしい感じです.ちゃんとした朝だし,起き上がって家事に取り掛かることもできました.洗濯機の前にいると,同居のひとが朝ごはんくださいとの声をあげます.はい,よろこんで.台所に移動してもちょもちょと作ってサーブします.それで…

こんな良い月をふたりで見て寝る

朝起きる.速やかに朝ごはんの支度.ちょっと手順を間違えてもたついてしまいましたが,無事にこしらえることができました.一緒に食べよう. 同居のひとを送り出し,もうちょい寝かせてもらいます.どうやっても眠いのです.そういうわけで居眠り. 昼過ぎ…

冬におぼえた歌を忘れた

朝起きました.リビングでこっそり過ごしていると,同居のひとも目が醒めた模様.朝ごはんを所望されてじゃぶじゃぶ作りましたよ.一緒にいただきましょう,もぐ.それでは出かける支度を手伝います.今日も元気で行ってらっしゃい気をつけて. 洗濯に取りか…

夜はしたたかだね

とにかく早めに目を醒ます,すでに同居のひとは出かける支度を済ませひとまず行ってきますと声をかけてくれたのでした.あわてて起き出し行ってらっしゃいとだけ告げました. 部屋に戻ってまた寝とぼける.昼にチャイムが鳴って,あわてて起きて書留を受け取…

そしてゼロは輝き続ける

おはようございます.今日はなんか早くもなく遅くもなく,朝ごはんを所望されるタイミングでしっかりと起き上がって台所に立つことができ午前中はごきげんさんでございます. 午前七時すぎくらいに同居のひとをお見送りして,ほっと気を抜いたらうとうとが始…

運命の女神がうつむきかける

目を醒ますと,すでに同居のひとは出かけていました.あまりにもよく寝ていたようです.昨晩が遅かったわけでもないのに,疲れてたのかな.ともあれ同居のひとにはほんのりとすまないことをしてしまいましたよ. リビングにいるとチャイムが鳴って荷物を受け…

喜びをもって救いの井戸から水を汲む

朝,起きられず.今日は昨日からの疲れを癒しきることができず,結局お寝坊さんであります.朝ごはんも作れないまま同居のひとを送り出す.あ,ついでにゴミ捨ててきて下さい. 部屋に戻って少しゆっくり.すると大きな衝撃音が二度.雷だそうです.どこか近…

また別のプランを遂行

ぐらぐらと朝.起きられないものも起きなくてはいけないのです,まずごみ捨てに出ます.それから朝食の用意をして,食べてもらいましょう.あとは身支度を整えてもらい,無事行ってらっしゃい.気をつけてねー. さて,作業しますか.細かい設定をきりきり動…

ちっぽけな町じゅうが止まってしまえばいい

同居のひとが朝ごはんを求める声で目が醒める.おふとんを飛び出してちゃきちゃきぱきぱきと朝食を作る. では,どうぞお召し上がりください.一緒になってもしゃもしゃと食べて,それが終わったらお見送りをします.悪いんですがついでにこのごみ袋を捨てて…

おひるごはんもものせない

今日も朝というものを知らず生きる.目を醒ましたら午前十時過ぎくらい,朝ごはんとかいう時刻でもないので適当に出かける支度をしてもらってお見送りだけを.行ってらっしゃい. 玄関から戻っておふとんへと逆戻り,ぐったりどってり眠ってしまいます.昼過…