しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

ぼくをはこんでちったかたったったあ

右足くん左足くん,代わりばんこで
漕いでいたのに左膝だけが痛いのは
体のバランスが取れてないからかな.

さてそれはさておいて朝なのですが
まあ普通に起床.いつものとおりに
同居のひとの出かける手伝いをして
それではどうぞいってらっしゃいな.
今日は病院の予約があるらしいので
それに合わせて帰ってくるとすれば
だいぶ早いですねえ.承知しました.

それでは,うじゃっと朝寝の続きを
いたします.あまり寝過ぎないよう
注意して,昼過ぎになったら起きて
出かける用意をします.この暑い中
歩くのはつらいので,自転車を漕ぐ.
膝の鈍い痛みに耐えつつ最寄り駅へ
どっさりと.それでは病院まで移動.

早い時間だったせいか待合室は無人
診察券と保険証を出して,それでは
じきに名前を呼ばれて受診開始です.
体の調子はなんだかぼんやりですが
精神的には,うんやっぱり元気でも
ないかもな.鬱蒼,とまではいかず
かといって晴天というわけでもなく.
いつものお薬をもらって帰りますよ.

特にどこに寄り道するということも
ありません.まっすぐに帰りますよ.
のこのこと歩いて,自転車を拾って,
急がずに家へと.膝をかばいながら.

携帯電話の調子がおかしいので調整.
やたらと時間ばかりかかるんですよ.
しかしそのわりには治らない.むう.

同居のひとから連絡あり,それでは
駐車場で待ち合わせ.よっこらしょ.
ちょうどふたりが出会ったところで
ごはん食べに行きましょう.しかし
週末の夕方はどこに行っても混んで
いらっしゃいますね.適度に選んで
迷って,ようやく席を見つけました.
いただきますからごちそうさまへと
華麗なるターンを決めました.さて,
寄り道して帰りましょうか.洗剤が
足りなかったので買い足したのです.

家に戻ったら,同居のひとはゲーム.
ぼくはうねうねと本を読んでました.
適切な時刻になったらお風呂の支度,
日記を書いてまた今日もおやすみの
準備をします.お薬服みましょうね.