しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

ほんほんほにゃらか

午前七時に起床.ほどよいほどよい.
ゴミ捨てに行ってもうちょっと寝る.
ほどよかったのはどうなったんだろ.

もう一度目が醒めると同居のひとは
すでに起きていて,ちゃくちゃくと
準備を始めていました.特になにも
お手伝いできないまま,ともかくも
玄関先までお見送り.お気をつけて.

むにょむにょと過ごす.結局はまた
眠気とたわむれるばかりなのですが
こんなに無為無為な日々を過ごして
いつか罰が当たりますよね,バチが.

んで,なにをすべきなのかというと
文章をひとつものすためにあれこれ
策略を練って環境を拵えるのですよ.

机の前に座って,書けないつらさを
身をもって味わう.書けませんのう.
きらいなものは特にない,あるのは
どうでもいいものばかり,な日々を
過ごしています.締め切りはもっと
もうちょっと先なのでなんとかする.

同居のひとから連絡.夕方早くです.
今日は早くに帰ってきますよ,とか
聞いていたので安心をする.じゃあ
駐車場で待ち合わせ,晩ごはんへと
出かけます.近所の空港にてお食事.
店をはしごしておなかいっぱいです.

その後書店に寄って本を何冊か買い
気楽に帰宅で.同居のひとと一緒に
テレビを追っかけ再生,ひとしきり
楽しんだ後にお風呂の支度.さてと,
入浴を済ませたらおやすみしますよ.