しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

あらゆることをゆっくりと

朝目醒め.久々にすっきりくっきり
普通の時刻だ.なにか夢は見たけど
起きたら忘れた.これだけのことで
すごく健康的な気持ちになれました.

しかし起きてみれば健康的ではない
現実が広がっており,たとえば床を
立つ時も三段階くらい踏まえないと
立ちくらみを起こすのです.なので
いち,にい,さんと数えながら起床.

同居のひとは今日もお仕事.なので
ちゃんと玄関先までお見送りをする.
あとは家の用事をちょろちょろ作業.
書きものがちっとも先に進んでない
わけですが,どうしたものやらです.

昼過ぎに昨日受け取った薬の再配分.
ぱきぱきぱきとシートから薬を出し
ピルケースに詰めます.ころころと.
ごく地味な作業ですが,考えながら
やらないと失敗するので実に慎重に.
一時間ちょっとをかけて二週間分を
詰め終わりました.ふはーやれやれ.

集中力をほどいてちょっとおやすみ.
横になってゆっくりとするつもりが
うっかり本気で寝てしまい,電話で
起こされたのはもうかなり夜でした.

同居のひとご帰宅,軽めに食べたら
静かに今日の薬を服む.あせらずに
ゆっくりと,あらゆることに対処し
生きていかねばならぬそうなのです.