しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

毎日が石ころだった

早朝覚醒につきご機嫌がよろしく
ございません.すぐに寝るのなら
まだしも,そこからまた目が醒め
大丈夫かこいつといった次第です.
ぼやいていると友人から電子的に
朝を有意義に過ごしてはどうかと
提案を受ける.朝ごはんゆっくり
作るとか.それはとてもよいこと.

台所に行きふむふむへむうと考え
ありあわせのもので何か作るのは
ちょっとむりかなと.冷蔵庫にも
特に何もなし.こんな時に限って.

みそみそ泣きながら自室で機械を
いじり倒します.以前からずっと
うまくいってなかった設定をまた
根気よく眺める.コンパイル元を
Macport やら Homebrew と変えて
いろいろ試してみる.最終的には
なんとか希望通りの挙動に到達し
ひとりディスプレイの前浮かれる.

同居のひとが起きてきたのですが
特に何をするでもなく.ゆったり
いつものように朝の支度をします.
朝ごはんを軽くつまんでもらって
行ってらっしゃいを言うのでした.

さてそろそろぼくも出かける準備.
お薬手帳忘れないようにね.では
誰もいない部屋に行ってきますと
宣言してドアを閉める.普段通り.

お天気がどんより読めない.傘を
持たず自転車で駅,電車に乗って
病院へ移動.このあたりでは雨が
ぱらついてる程度でした.さてと,
名前を呼ばれるまで待ちましょう.

診察開始.ごきげんいかが.ええ,
あまりほがらかさんではないです.
最近は文字を読んだり発話したり
するよりも,文章として書いたり
するほうが楽なんです,と告げる.
そういうのも病気の症状なんだと
伝えられ,そんな気もする.ふむ.
処方箋をもらって薬局へ移動する.

雨,だだ降り.ゲリラ豪雨かとも
思えるどしゃめしゃな降りっぷり.
とりあえず薬局で薬を受け取って
外に出て,ひとまずコンビニにて
傘を買う.やっぱり出かける時に
自転車を諦めてでも傘を持つべき
日のようでした.携帯電話に続々
気象情報の豪雨警報が飛んできて
まったくもーって感じです.では
ぐるっとひとまわりして帰ります.

家に戻って除湿のエアコンの下で
体を乾かします.ああよく冷えて
いい気持ちですな.同居のひとは
今日は宴会だそうなので,ひとり
買ってきたパンをもしゃもしゃと
いただきます.おいしいおいしい.

ポストに届いていた不在連絡票を
ちゃかちゃかと処理する.明日の
午前中には届くように手配します.
楽しみに待ちながらお風呂の用意,
こぽこぽと湯を貯めて入りました.

同居のひとが帰ってきたら一緒に
それぞれの薬を服んで,いろいろ
症状を緩和させる.ではおやすみ.