しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

今日もきっと明日よりいい日でありますように

うねりのような睡眠の中で起床する.
病院行かなくちゃね.受付さんから
絶対に遅れないでくださいねと念を
押されているので,おちおち朝寝も
できません.午前六時に起きました.
自分の小心っぷりに我がごとながら
あきれてきます.どうしたものやら.

そんな怖い受付さんがいる病院へと
向かったのは時間ちょうどなのです.
十分に計算していったんです本当に.
同居のひとのお手伝いとかしてても
雨が降ってても自転車が壊れてても
そこだけは外さないようにしました.
友人に送ったテキストが思いっきり
意味がひっくり返って失礼なことを
ぬかしたのは計算外だったけれども.

で,すぐに名前を呼ばれて診療開始.
診療台であれこれ検査.もうちょい
セルフケアを入念にね,との指摘を
受けました.ほぼ三十分で診察終了.
やたらと時間にうるさいのは,この
診察時間の厳密ぶりにも出てるかも
しれません.ああ怖ろしい怖ろしい.

いつまでもぎっこんばったんしても
いられないので,自転車を修理しに
ちょっと遠目のサイクルショップへ.
駅から近いとこは長いことお休みで
復帰する気配がないので,さみしく
感じながらもひと駅分くらいを移動.
ちょりちょりと修理してもらったら
すぐに家に帰りますよ.気だるいし.

家に帰って少し寝ていると,どっと
身体がつらくなる.鼻腔が詰まって
頭が痛くて歩くとふらふらしてきて.
これってもしかしてやっぱりあれか,
病院に行かないと治まらないやつか.
自転車漕いで午後診療時間帯に通院.

熱を測るとそうでもない数値が出る.
だけど平熱より一度半以上高いので
個人的には大問題.診察が始まって
先生から熱ですねーと言われるほど.
抗生物質と喉の腫れをひかせる薬を
いただいて帰ります.やれやれふう,
どっさりと横たわってくたびれます.

同居のひとご帰宅.こちらも身体の
調子が悪いらしく,ふたりごそごそ
お互いをいたわりながら晩ごはんに
いたします.もそもそ.片付けたら
少し息をついて休み,お風呂の支度.
だらだらと汗を流すように入浴して
熱を下げるようつとめる.さっくり
おやすみなさいでおしまいなのです.