しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

「誰かがほんの少し優しければ」

のろりと起床.昨夜はネトラジとか
聴いていたらしいですが,途中陥落.
ラジオが聴けなかったのが残念では
ありますが,記憶がきれいに解けて
睡眠にたどり着くことができたのは
素直にうれしくもあり.そんな朝を
迎えましたよ.とはいえいったんは
中途覚醒をしてしまって,その時に
よくわからない機械の操作を誤って
わけのわからない状態をある程度の
ネット社会に向けて発信してしまう.
気がついたのは三時間くらいあとの
ことでした.あわてて差し替えます.

そんなこんなおおわらわをしてたら
同居のひとがすでにさっくり起きて
出かける準備をしているのに気づく.
うわあ,手伝えなくてごめんなさい.
ぼくも支度をして,途中まで乗せて
行ってもらいます.スタジオのある
ビルの前で別れ,いってらっしゃい.

さてぼくはいったんコンビニで朝の
もにゃもにゃを買って食べるのです.
スタジオ前の机てもっしゃもっしゃ.
それではくじ引きが始まり,無心で
番号札を引くと番手一番を引き当て
今日のラッキーを噛みしめる.では
書類作ってお金払って.ほくほくと
予約が取れたので安心して帰宅です.

家に戻って,昨日取り込んでおいた
音楽をちゃんと聴きなおす.複雑で
単純な音をしっかり拾って撫でるよ.
しかしそうこうしてるうちに時間が
過ぎてしまいまして,今日の英会話
開始時刻になってしまう.これから
出向いてちょっと遅れますと連絡を.
あずすーんあずぽしぶれで参ります.

会話ー.このところの情動の変化を
とろとろと述べる.あと先生の側の
日常の変化を聞いたりもする.はて,
せちがらい世の中ではございますが
汗かきべそかき進んでいきましょう.

同居のひとから連絡があったもよう.
それじゃあ学校から道の途中にある
お店で待ち合わせをしましょうかね.
同居のひとはとくとく歩いてくると
いうことです.お店の駐輪場に停め
携帯などいじっていると,ぬいっと
同居のひと登場.それではお店へと
入っていきます.おいしいといいね.

実は英会話教室の先生から,ここは
おすすめだよとまさに今日言われて
いたのでした.ジャストタイミング.
店内は全体的に学生さんが多数です.
わいわいとした中を案内されて着席.
もぐもぐつむつむ.おいしかったよ.

自転車をきりきり押しながらふたり
歩いて帰ります.最近同居のひとが
体調が悪くて困っている様子.今日
病院に行ってきたようですが,また
検査の結果を受け取りに行かないと
いけないらしいです.悪くなければ
いいのですが.それでは帰宅ですよ.

汗びとびとなのでシャワーを浴びて
すっきりさっぱり.明日へ向かって
むにゃっと気合を抜く.そうやって
やわらかい睡眠になだれ込むのです.