しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

しっかり拾ってくださいな

午前六時半.いたって普通の時刻に いたって普通に起きられて感謝の念. 別に宗教とかどうだとかではなくて ありがたいものは感謝しないとねえ. そういうわけで普通に同居のひとの 起床に合わせて準備の手伝い,あと 送り出し.どうぞ行ってらっしゃい. それではぼくも出かける準備.まず 鞄に必要なものを詰める,というか 不要なものを出すと言うのが正しい. 今日は必要でないものがたんとある. 自転車と電車でごろごろと出かけて 必要な書類を提出.あと料金も払う. 事後報告をメールで送信して今日は なんだかいろいろとやりとげた気分. 帰りに食事をしてから家に戻ります. 自室.部屋のお片づけなどしないと いけない時期にさしかかってるので 本を移動させます.収納するほどの 本棚がないので基本的に積み上げる ことになります.おかげで机の上は パームレストの役目を果たすことが できるようになりました.だけども その周囲に積まれた書物のタワーが なかなかにいかついことになってて 一冊抜き取れば崩れ去るくらいです. このあやうい状況の中で悪びれずに さらに本を買うのは間違ってますか. 同居のひと帰宅.駐車場で落ち合い 車に乗せてもらって晩ごはん食べに 出かけます.野菜,とぽつりと呟く 同居のひとが不憫ですが,それでも 食餌制限は貫きたいという意向です. ぼくにはとてもできないなと思うよ. 食事の後やたら眠いなと思ってたら 外は雨がぽつぽつ降り出してました. そうか気圧低下のせいかこの眠気は. じわっと来るから努々油断できない. 再度家に戻ったあとうーだーだるい. 片づけたばかりの机に突っ伏します. こんな日はさくさくと風呂に入って もくもくとおくすり服むに限ります. まどろみながら明日をまた待ちます.