しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

いっさいがっさい

すぐ寝るよくねるすごく寝る.ので

これまたたくさん夢を見る.だけど

ろくでもない夢ばかり.おそらくは

季節由来のものですが,これだけは

避けることができないものですから.

受け流しやり過ごすしかありません.

 

そういうわけで今日はたくさん悪い

夢を見ました.ひとからさんざんに

悪く言われる夢なんてのはまだまだ

かわいらしく,ぼくなどの夢寝見に

なりましたらば,インド神話にある

正義と法と宇宙の終わりが七度ほど

めぐってくる壮大だかなんだかもう

判らないくらいの悪夢を見ることが

できるようになるのですよ.ただの

魘されとはわけがちが運ですからね.

 

で,長い前置きはさておき,今日は

同居のひとはお出かけなのでひとり

ぐんぐん寝ていたわけですね.ので

晩ごはんの支度もなにひとつできず

朝から晩までぐうすかしていました.

 

なので晩ごはんはひとりで店屋物を

取ることにする.ほんのりした贅沢.

贅沢と言う名の怠惰なのかもしれず.

そんなこんなでむさむさと食べたら

やっと眠気も落ち着きました.さて

雨も続いていることだし,洗濯物も

まだ乾かないしひとりは退屈だしで

建設的なことが何ひとつ頭に出ない.

結局まんがなど読みながらだらだら

ふとんの上を転がるだけの一日です.

 

同居のひと夜になって帰宅.ほーい

お疲れさまでした.今日の洗濯物を

受け取って,ゴミを片づけて.では

自分だけ家風呂に入って寝る準備を.

明日は一体どうなりますやらですよ.