しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

WURDE ICH IN DIE PSYCHIATRIE EINGELIEFERT

どうしても,どうしてもどうしても
起きられなくて仕事を休んでしまう.
自分に何が起こっているのかすらも
よくわからない.とにかくひたすら
眠くていくら寝ても疲れが取れずに
蓄積していきます.どうしましょう.


そんなわけで今日は会社を休み実に
心暗い状態にあるわけです.本当に
どうしてこんなにダメなのか.ここ
数日は晴れているので天気が悪いと
いうわけでもないし.季節の境目が
アレなのか.というか外的要因だと
決めつけずに自分の心で葛藤しろと
いうことか.むにゃむにゃしながら
反省する.されど今日は同居のひと
帰りが遅くなる予定なので,自分で
ごはんを食べるためには外出せねば.


気持ちが落ちる中外に出るのは本当
いやなものです.食事してそれから
買い物をして.気分のあがらぬまま
家に帰る.ふう.郵便物を回収して
必要なものを振り分けて.少し気を
休めるために音楽を聴く.あんまり
機械のことにのめり込まないように
しておこう.餅は餅屋,馬は馬屋だ.
自分は決してコンピュータ側の者で
ないことを自覚しないと,いつまで
たっても解決しない問題に対峙して
悩みっぱなしになってしまいそうで.


友人から電話.ちょっと元気出たよ.
然るべき時間に薬を服んで,そして
体力を無駄に使わないよう自己制御.
一歩間違えればまた病院の中ですよ.
せめて社会の風に吹かれていたいし
なんとか塀の外で暮らしたいのです.


また変なことをやらかしませぬよう
自分だけの神さまにお祈りですかね.