しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

悪夢のまにまに

朝がどうしても起きられず昼になって
夜になって.悪夢ばかり繰り返されて
本当にもう気がおかしくなりそうです.
結局布団の上で疲弊して起き上がれず
そのままなしくずしに会社をお休みに
してしまいました.今日は会議だって
いうのに.いちおう連絡はしましたが
もう外は暗くなってるよ.今日は失敗.


犬と猫の夢を見る.抱きあげて撫でて
かわいがって.それだけならほのぼの
いい夢かと思われがちですが,劇中に
家族のひととともに戯れる部分があり
これがなんだか生理的に受け付けない.
こうなると心のコントロールが効かず
いろいろ古い過去が噴き上がってきて
どうしようもなくなるんです.これが
心の病の恐ろしいところかもしれない.


でも冷静に見たらただの会議サボった
ナマケモノでしかないので,色々自重.
結局一日中ぼーっとしたまま終わって
居候くんが帰ってくるまで布団の中で
もだもだしてました.しばらくすると
同居のひとも帰ってきて,晩ごはんの
支度をはじめました.ひとと触れ合う
ことで,なんとか自分の社会性を確認.
ひとりぐらしだとこういう時にうまく
立ち直れないのではないかと危惧する.


食事を取って,なんとなく時を過ごす.
このなんとなく感を幸せと噛みしめて
反省の日々を送らなくてはなあ.さて
明日は病院,診断書とか戻ってくるし
あれやこれや.病院に行けるかどうか
それすら今は危ういですが,なんとか
自分の人生の始末は自分でつけないと.