しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

鞦韆

早朝というほど早朝ではない時刻に
ぽこんと起きる.もう日は出ていて
洗濯をしていても問題はなかろうさ.
がったんごっとんと昨日の夜からの
漬け置き洗いを終えて,ぱむぱむと
叩きながら干します.そんな朝です.

ヘッドホンで音楽を聴いたり,また
電子文字の中に埋もれたりしながら
同居のひとが起き出すのを待ちます.
今日は午後からの出勤だそうなので
無理に起こさずゆっくりしてもらう.

で,ひとり遅めの朝ごはんを食べて
待機していたら,頭がぐらんぐらん
揺れ出して,急に寝入ってしまって.
同居のひとが出かけるところにもう
少しで間に合わなくなるとこでした.
いってらっしゃい,となんとか告げ
眠気を少し払う.ふむむーん,はて
どうしてものか.このところずっと
先延ばしにしてた散髪にでも行くか.

予約の電話を入れ,その時間までに
自転車で到着.駐輪場の入り口には
なんか油断しまくってるねこさまが
お昼寝してた.野良として大丈夫か.

おひるねぬこさま

これだけ携帯のカメラで近寄っても
動かない.本当は死んでるとかじゃ
なかろうね.ともあれお店に入って.
ざくざくといつも通り刈られますが
そろそろ寒くなってくるしちょっと
髭を育てようかなと思う.ますます
世間さまに迫害されるようなことを
しでかしているかもしれないけれど,
髪と違って最終的には自分でぜんぶ
剃れますからね.というわけで顎は
わっさりと髭を残してもらいました.
頭が軽くなってとても気持ちがよい.
ねこさまはどこかへ出かけたみたい.

次は整骨院へ.今日からは首でなく
体幹のほうをお願いします.あまり
頑張りすぎないでくださいよ,とか
言われますが,がんばらない人生も
そこそこ苦労はあると思う.だけど
大人なので口には出しませんですよ.

買い物をして帰宅,ごはんのしたく.
が,炊き込みごはんの用意をすべく
米を確認すると.足りない.うわあ
もう同居のひと帰って来ているのに.
あのさ,ごはん作る予定だったけど
炊く米がないんだ.と正直申告して
米を買うついでに外食となりました.
なんかくやしい.しっかりと食べて
最後に買い物,なんかお向かいさん
火事だったそうです.そのお隣さん
消防署なのでまあ大丈夫でしょうね.

家に戻って,これはあらかじめ先に
作っておいたミルク寒天を食卓へと
拡げます.たんとめしあがってねー.
本末転倒な食生活です,かなり残念.
腹がくちくなったところで服薬して
今日の残り時間を大切に過ごします.
行ったり来たりのエネルギーだけど
揺らぐこと自体を楽しめばいいのさ.