しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

la dolce vita

淡い残像に包まれたような悪夢を
見ることが最近増えてきました.
知らないものへの不安にかられる
夢ならばまだしも,過去の失敗や
既知のことを何度も何度も何度も
繰り返すのはまるでギリシア神話
シシュポスのようです.そんなに
いいもんでもありませんけどねえ.

それでもなんとか今を生きてるので
そちらを優先させないといけません.
死んだ友や重い過去を思い起こす
時間も時には必要ですが,ひとまず
思い出すための体力をつけるには
今日のごはんが必要です.そして
こんなぼくでも生きてられるなら
充分に素敵な人生ではありませんか.

最近決まって夕立ちが降るせいか
日の高いうちはいつもぐるぐると
眩暈に悩まされています.でもまあ
死ぬ病気じゃありませんし.仕事を
さっさと済ませて家に帰りますよ.

ひとりで食事を取るときは,つい
同じものばかり作ってしまいます.
考えなくて楽だから.毎日少しの
肉と野菜を食べ,麦をまぜた米を
炊いて,それを平らげるという
生活です.ええ,飽きないんです.
回転寿司で同じ皿を20皿食うような
男ですから.よくないのかなあ.
栄養は偏ってないと思うんだけど
精神的には貧しくなっていきそう.