しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

落ち着かぬ日々

朝,ちゃんと目が醒める.よしよし.
この調子で毎朝きちんと起きられる
ようになるといいのですが.窓から
外を見れば素敵に晴れ.やっぱりな.
晴れれば機嫌が良くなるというのは
農耕民族由来のDNAなのでしょうか.
朝ごはんをもぐっと食べて自転車へ.
ぎっちらこと漕いで仕事へ向かうよ.


会社でもさもさと仕事をしていると
ちょっとめまいが.くらっと落ちて
少し休む.寝て起きたらちょっとは
楽になりましたが,会社は早退して
のろのろと過ごしました.ふにゅう.


自分で自分の食事は用意.帰宅途中
買い物して帰ります.徒歩でなくて
良かった.中途半端な時間のせいか
通りすがるひとも微妙に違いますな.


家で鬱鬱していると同居のひとから
落とし物が届いていたとのお知らせ.
うむ,なんだろうと思い封筒を切る.
…うわあ.これは微妙に気まずいぞ.
何を落としたかはここでは伏せます.
だけどもしマンション内で何らかの
事件が起きたら疑われやすくなるな.
でもまあ,大切なものだししっかり
鞄に詰め込んでおく.しかしどこで
いつ落としたのか皆目見当がつかず.
まあ,落とし物とはそういうものか.


さて.落ち着いた時刻なので夕飯を
とることにしますか.もぐらもぐら.
風呂の湯を落として,わしゃわしゃ
掃除をして,湯を張りなおしました.
レモンの精油をぱらっと振りまいて
ちょっときれいな夢でも見ましょう.
光感作作用のため夜にしか使えない
香りです.もしゃもしゃした気分を
ぱきっとリセットして明日のために
自分を騙し騙し生きていきましょう.