しろまるは不穏当

世界の片隅でのんのんと生きるおじさんのつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

四角四面

おはようさん.そんな早い時刻では
なかったので,入念なストレッチを
する時間がなくて.最低限のことを
やってから,わたわたと出かけます.

コンビニで買い物をして,もう少し
進んで,着くとこ着きました.では
時間が来るまでのんびりと,そして
決まった時刻にしっかりと作業する.
今日は欠席者が妙に多くてがらんと
しています.だとしても,目の前に
あるものを粛々と片づけることには
変わりはないのですが.いそいそと.

お昼ですよ.人が少なくて,無駄に
場が広いので,空間を埋めようかと
思ってゲームに誘う.これも今日は
勝ったりも負けたりも.かろうじて
勝ちのほうが多かったかもしれない.
時間のぎりぎりまで遊んでしまって
急いで片づけます.では,午後です.

ひとが少ないと声も張らなくて済む.
それがひそかにありがたい.なにせ
まったく声が通らないでお馴染みの
なかむらさんであるので,囁きでも
意思疎通ができるのは助かりますね.

ほどよく終わらせて,帰りましょう.
まだ脚はびりびりしていますがまあ
家に帰るくらいは持つとは思います.
というか途中でくじけてしまっては
ただ家に帰れないおじさんになって
しまうわけです.自分の足でぐっと
勢いをつけて,あるいはそのふりで,
よろよろと家に帰りました.はふう.

同居のひとからメッセージが届いて
駅まで迎えに行きます.朝の痺れは
まだまだがんがん残ってはいますが
少しでも歩くことで軽減されるとか
そういうボーナスないかなーと思い
杖を引き連れて出かけます.よろり.

待ち合わせ場所ですぐに合流できて
晩ごはんの算段をする.それじゃあ
せっかく駅にいるので,その近所の
お店に行きましょう.てくてく歩き
入店する.適当に空いてる場所へと
座ってくださいとのことで,じゃあ
それなりに座ったら注文をしますよ.

で,料理が来ない.さきほどまでは
そこそこ席が空いていたのに,ふと
気づけば全席埋まってる,お子らの
泣き声叫び声,賑やかな宴会の歓声,
すさまじい環境ができあがってます.
ほんのり料理が来たものの,追加の
注文どころかまだ届いていないのも
ある始末.料理が来ない点と,あと
騒音に負けてしまって同居のひとは
先に帰ってしまいました.まだまだ
頼んだものがあるはずなのでひとり
料理が届くのを待つ.十数分かけて
やっと到着.で,ここでひとまずは
注文を〆たいので,頼んでた料理は
全部届いていますか.まだ来てない
ものとかありませんか,その確認を
お願いします,と告げる.ところが
今忙しいので二十分くらいかかると
思います,とのこと.それは長いな.
まあ,淋しいおじさんなので待つよ.

十八時半集合,入店は十九時より前,
たくさん待たされて会計は二十一時.
ずいぶんと時間がかかったものです.
ぽてぽてひとり歩いて帰宅.ドアを
開けると同居のひとがお疲れさまと
労ってくれました.疲れることでは
なかったけれど,いい体験でしたね.

お風呂は先に沸かしてくれてまして,
適当に休憩したら入ります.あとは
書きものこねこね.ふたつの文章を
がちゃこんとひとつにまとめて錬成.

お風呂に入って,これからの作戦を
考える.お薬を服むタイミング大事.
ともあれ明日遅刻しないように,と
そこだけ押さえてぐったりしますよ.