しろまるは不穏当

世界の片隅でのんのんと生きるおじさんのつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

除湿部屋にてひとり思う

起きる.外はどんよりどよどよです.
同居のひとを送り出した後は,雨が
本降りになる前に自転車で整骨院へ.


足の方は「動けるならば大丈夫」と
太鼓判.本当の本気でやばい時には
歩けませんから,というのが理由で
ありますが,それでいいのか本当に.
歩けるとは言っても痛いのは確かで
それなりにスペシャルな処置とかを
期待していたのですが,何もなくて
拍子抜け.いつも通りの施術の後に
軽く足首のストレッチ,湿布ぺたり.
また明日来てくださいとのことです.


買い物をして家に帰ると同居のひと
絶賛昼ごはん中.いったん仕事から
帰って来たそうな.ぼくも昼を摂り
同居のひとを再度送り出す.どうぞ
気をつけて.自分の部屋でちんまり
片付けをしていたら集中力が途切れ
安らかに床で寝入ってしまう.ぐう.


目を醒ますと,ざあざあと外からの
雨音が激しい.これじゃ寝るわけだ.
なんとか気を取り直し食事のしたく.
今日はひとりごはんにつき手抜きだ.
野菜野菜そして野菜です.さらっと
片づけてネットをうろついていると
同居のひと帰宅.はいおつかれさま.


風呂に入る時に足首のネット包帯を
取り去る.湿布をはがして入浴です.
でも足を温めるのは禁忌らしいので
シャワーで汗を流すにとどめました.


雨で洗濯物が乾かない.明日も雨と
天気予報は告げている.やるせない.