しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

この体とこの色で息抜いてきたんだから

どうも人生をほっとくと午前四時に
目が醒めるものらしい.なんでかね.
ともあれまだちょっと早いので再眠.

微調整をして午前九時過ぎまで睡眠.
これで少しすっきりした.ゆっくり
自分の机に着いてちょこまかと作業.
昨日届いていた荷物から音源を開封
ラッピングを解きリッピングを行う.

電子書籍ぱらぱら.神の本とは違い
どこまで読んでた直感的に判らない.
まあ,場所を取らないだけで充分に
ありがたいことなんですけどもねえ.
読んでるうちに端末片手にごろんと
横になって,そのままのくうすかと
寝入ってしまう.お昼過ぎまでぐう.

夕方に起きてから遅い食事を摂って,
また読みものをごろりと読んでいる.
同居のひとからメッセージが届いて
帰ってくる時間が決まったとのこと.
これから新幹線に乗って帰ってくる
ようなので,家でのんびりと待つよ.

音楽をつらりつらりと聴いています.
ちょっと懐かしめの曲を流してると
やっぱりその曲を聴いていた時期の
ことを思い出す.こういった体験は
誰しもあると思うのですが,ぼくは
中学生の頃はともかく高校生の頃は
ついうっかりほぼ何も読まず聴かず
過ごしてしまったため,今思っても
もったいないと思う.若い頃の記憶,
侮れませんからね.無理な丸暗記や
語呂合わせ,記憶が定着するのなら
良いのではないでしょうか.論理で
求められることはなんとかなっても,
英単語なんかは基本丸暗記でいいと
思いますよ.おや,音楽が終わった.

ちょっと眠み.瞼がぼんやりしてる.
晩ごはんどうしよう.お昼ごはんが
遅かったせいで,中途半端な腹具合.
同居のひとの帰りを待って考えよう.

そんなことを考えていると,程よく
連絡あり.あれこれ話して,じゃあ
まっすぐに帰ってきてくださいませ.
食べ物は備蓄で適当になんとかする
ことにしました.どうあっても外に
出ないというのは我ながらどうかと
思いますが,もうどうでもいいやー.

同居のひとが無事家に帰ってきたら
おみやげをいただく.もっちもっち.
食べ終わったら片づけて,お風呂の
支度をします.本当だったらもっと
早めに,同居のひとが帰ったらすぐ
お風呂に入ってもらえるようにする
つもりだったのに,うっかりしてて
水を抜いただけで放置してしまって.
もうちょっとだけ待っててください.

アラームが鳴って,無事にお風呂に
入ってもらいます.お出かけ先では
とても暑かったらしく汗びとびとで
あったそうです.その間お薬の準備.
適当に夜を過ごしておふとんに沈む.