しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

せぷてんばぁ,九月は胸に来ますね

起きられない.目が醒めた時はもう
同居のひとが出かけていった後です.
どうにも泥のように眠っていたので
なんにも覚えてないし思い出せない.
途方に暮れておふとんの上で頽れる.

昨日は洗濯をした後で夕立が降って
散々でしたが,今日もえんえん雨が
降り続いているようです.やですね.

いくつか荷物が届いたので,それを
消化する.あれをあちらへ,これを
そちらへ.開封して必要な場所へと
移動させ,今日はこれで精いっぱい.
そこからまたずるりずるりと眠気と
戦って,そして負ける.そんな感じ.

同居のひとから連絡があって,まだ
雨が降り続けているのを知る.もう
今日はいろいろと駄目な世界ですね.
気温や気圧の急低下による身体及び
精神への影響が著しいのが問題です.

晩ごはんどうしましょうかね,との
話し合いをして,それじゃあなにか
食べ物を買って帰って来てください,
そこからなんとかするから,と依頼.

ややあって同居のひとご帰宅.では
晩ごはん食べましょう.ふたりして
録画しておいた映画なんか見ながら
もぐもぐ.食べ終わった後は適当に
片付けて,明日の予定とお手伝いを
ちゃくちゃくと進める.もう今日の
してあげられることはこれくらいで,
これくらいしかしてあげられなくて.

早いうちにお薬を服んで,あんまり
意識がうつろわないうちに就寝です.
いいこともしてないけど悪いことも
してない,そんな気分でまた生きる.
生きるとは呼吸すること,深呼吸を
繰り返して明日まで生き延びていく.