しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

気づかないふりするよ

朝.同居のひとがやや先に起き出し
それとなく支度をしている.途中で
ぼくも起きてきて,あと少し残った
身支度を一緒になってやっつけます.
それじゃどうぞ行ってきてください.

錠をがちゃりと締めて,それじゃあ
自分ごとを始めますよ.最初のうち
うまくいきません.でも慣れた後は.
後は,それでもうまくいかないまま
時間だけが迫ってきています.むう.
中途半端だけれどそこで保存をして
終了させる.いやもっといい感じに
仕上げることが目標なんですけれど.

さて別件.うずうずと作業.だけど
こちらも捗々しくなく.どうしても
最後の一点というところが刺せない.
まあこちらはもうちょっと考えます.
本当ならするりっと考えが出てくる
はずなのです,それができないのは
自分の頭の中すべてがとっぱずれて
いるからではないかと思うのですよ.

同居のひとから早めの連絡.さてと,
それでは時間を合わせて晩ごはんへ
出かけます.手作業はいったん横へ.

軽食をいただきます.先日測ったら
体重が減っていたので少し心も軽く.
逆に同居のひとは体重がずいぶんと
増えたらしく,すわ減らさねば,と
ぼやいていました.でもこの暑い中
しっかり食べることができることは
ある意味健康で良いのではないかな.

特に寄り道することもなく家に帰る.
同居のひとは早の速でゲームを始め
ぼくはそれを横で見ている,普段と
同じような食後のひと時であります.
途中でお風呂の支度をして,あとは
入っていただくだけにしておきます.

明日は昼から出かける予定.なので
あまりぐうたらせずに早く寝ないと.
お薬を服んだら涼しくして就寝です.