しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

よどみない浮世の流れ

朝です朝です朝ですよ.ぐるりんと
起き上がり,体調が良くないことを
改めて実感する.むー.とりあえず
同居のひとが起きるので朝ごはんを
準備する.しかしその後すぐ寝落ち.
もう一度目を醒ましたら,ぱたぱた
同居のひとがひとり準備をしていて
すまない気持ちが今朝も積もります.

ともあれ玄関先までお見送りくらい
まともにやりましょう.今日もまた
夜は遅いようなので,ぼくも適当に
過ごしましょう.それにしてもなあ.

適当すぎるのも困る昼下がり.朝の
眠気は継続しており,結局のところ
うだうだと寝ておりました.いかん,
こんなことではまた一日を浪費して
しまいます.ポストを覗いて荷物を
受け取り,それではじっくり作業を
いたしましょう.ちょっとデータが
歪んでいたので,修正をちみちみと.

椅子に座って腕を机に置いていても
腕の重みで肩が抜けそう.実際には
これくらいじゃ抜けませんよ,とは
病院の先生には言われてるのですが
実感として痛いのは変わりませんし.
理論と頭で身体に言い聞かせてます.

日も暮れてよどみない時間の流れに
くたびれはてたり,あきれはてたり.
ともあれ晩ごはんなど食べましょう.
じおじおと鍋に水と熱を入れて火を
通します.調理方法はともかく無事
いただきましたよ.それじゃ片付け.

いつものようにお風呂の支度をして,
いつ同居のひとが帰ってきてもいい
お湯に浸かれるように仕掛けておく.
それではじっくり,本なんか読んで
待ちましょうか.なむなむもなもな.

そろそろお薬の時間ですよ.錠剤を
ケースから取り出して,じゃらりと
飲み下す.これで少しは人生の質が
回復すればいいのに.そんなことを
思いながら寝る支度.同居のひとが
帰ってきたら,いろいろお話をして
また明日の予定を決めましょうかね.

では,どうぞおやすみ,良い明日を.