しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

そこにワンダーはあるのかい

どうでもいい朝.一度は起き上がり
台所で水など飲んだのですが,また
眠気が差してきてリビングでほんの
少しだけうたたねを.ほんの少しの.

で,おぼろげに目を醒ましたらもう
同居のひとが出かけるところでした.
なんのお手伝いもできないままです.
起き上がることもなくおふとんから
行ってらっしゃいと声をかけるのが
精いっぱいでした.なんか,ごめん.

あとで携帯電話を見てみると,その
出かけた時間のちょこっとだけ前に
これから出かけます,今日は夕飯は
食べてきます.という丁重な連絡が
入っていました.ありがたい話です.

さてそのままいつまでもいつまでも
寝続けてしまい,気がついたら夕刻
少し過ぎくらいでした.洗濯物でも
畳みますかね.窓を開けようとして
ちょっとしたトラップにひっかかり
要らぬ時間をとってしまう.だけど
なんとか開放してわっせこわっせこ
取り込んでは畳み取り込んでは畳み.

それでは昨日に後回しにしたお薬の
充填作業.今日は大きな失敗もなく
ちょうど一時間かけて二十八日ぶん
しっかり詰めました.よく考えると
薬を服まない世の多くのひとたちに
とってしてみれば,この一時間さえ
必要のない時間なのだな.そういう
ぽっちりしたことでくよくよとして
いちいちつまづいた気分になります.

晩ごはん食べますか.じゅうじゅう
鍋を火にかけて,適切に調理をする.
おいしくできました.いただきます,
そしてごちそうさままで流れ作業で
進めて行きます.まあひとりだしね.

同居のひとが帰ってきたらいつでも
入ってもらえるようにお風呂の用意,
ざぶりろざぶりら.さてゆっくりと
お湯を貯めます.帰ってきたらまた
いろんなおしゃべりをして,明日の
予定を考えます.その後薬を服んで
ゆるーりと心を緩めます.おやすみ.