しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

花が咲く頃に帰るよ

あけてます.気がつけばそんな新年.
いろんなことありましたね,と首を
傾げながら振り返ります.なんだか
幸も不幸も併せ呑んで進むのはまた
歳を重ねれば同じだけ続くことです.

少し夜遅くまで起きてしまいました.
寝る前に食べたアイス棒に当たりと
書いてありましたが,幸先が良いと
捉えるべきか,今年の運をがつんと
使い切ったと考えるべきか.んでは
いったんおやすみなさい.くうすか.

朝起きると,同居のひとがちょっと
お出かけしてくると出かける支度を
していました.それじゃ気をつけて
いってらっしゃい.ぼくは寝てます.

お昼ごはんを食べた後はぐっすりと
おねむでございました.夕方起きて
ちょろちょろと活動開始.ゆっくり
夜になっていき,同居のひとからの
連絡あり.今帰ってるところですか.
ごはんどうしますか.もしまだなら
食べに出かけますか.そんなわけで
駐車場へ出向いて,待ち合わせする.

落ち合ったら,車に乗せてもらって
近所の食事処へ.太く長く暮らせる
縁起を担いであたたかくいただいて
途中で書店とコンビニに寄って帰宅.

お風呂の支度をしましょう.それと
コンビニで買ったデザートなんかを
いただきましょうか.同居のひとが
手に入れた新しい音源を眺めながら
いつか聴ける日を楽しみにしてます.

それと一緒に出て来た昔のアルバム,
同居のひとは矯めつ眇めつ眺めてて
微笑ましい.さて,それでは今年も
素直に薬を服みますよ.じゃらりと
喉を通したら,おやすみしましょう.
今年もどうぞよろしくお願いします.