しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

傷薬か絆創膏を

午前八時半ごろ.まあ普通に起きる.
ちょっと遅めですが,同居のひとは
もう少し遅めでもいいらしく,やや
気を揉む.ゆっくり起きてきたので
さくさくと準備をしてもらう.では
行ってらっしゃい.今日はちょっと
帰る時間が読めないらしく,ぼくも
適当に時間を合わせて動きましょう.

もう一度少し横になると,ずいぶん
凝った夢を見ます.困ってるところ
過去の自分に助けられるというのを
はたで見ているという地味な感じの
タイムパラドックス.自分ではなく
あくまで他人の感動をおすそわけで
いただいている感じ.泣き喜ぶのを
一緒に共有してはいるのですけども.

それでも久々に心揺さぶられる夢で
あったのには間違いない.傷薬とか
絆創膏とか過去の写真とか,そんな
小道具もがっつり含まれて,古典な
感じのSFでしたが,楽しい夢でした.

さて起きてからは普通の日常なので
手を動かしてがちゃがちゃと文字を
積み上げていきます.やれやれふう.
言葉を組み合わせていく,結びつけ
新しいものを開拓することは楽しい.
量産することはとても難しいけれど.
そもそも量産するべきものでもなく.

同居のひとが帰って来る.なにやら
ぼく宛ての封筒を渡してくれました.
パーティーへのお誘い.それはもう
行かなきゃ.同封されてたハガキを
書き入れなくちゃなのですが今日は
これから英会話なのでまずそちらへ.

ほてほて歩いて二十分ちょい,では
英会話教室へ.ほにゃほにゃと会話.
先生もまた別のインビテーションを
受けているらしく,日本語の解読を
お手伝いする.交通費は当方負担と
書いてありますよ,それはよかった.
なにしろええとこのだんさんからの
お誘いらしいので,素敵な話ですよ.

授業終了,それでは辞去辞去.んで
帰り道にあるコンビニで待ち合わせ,
同居のひとの車に乗って晩ごはんを
食べにいきました.もぐっ,もぐっ.
つい多めに食べてしまうのを反省し
食後のデザートはなしにしましょう.

家に戻ってお風呂の支度.それから
届いた封筒をもう一度確認しますよ.
期日までにちゃんとお返事しないと.
あとはお薬服んで,おやすみなさい.