しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

きみの話をしてくれないか

朝早めの起床.今日は同居のひとが
朝一の出発なので,それにあわせて
ぎこちなく起きて準備をいたします.
朝ごはん要るでしょう.落ち着いて
着替えてください.外は大雨ですが
どうなのでしょう.それではどうぞ
ご無事でいってらしてくださいませ.

ところがすぐ同居のひとからの連絡.
雨が小降りになったので車ではなく
電車で出かけるとのこと.外を見て
確かにさっきまでの大降りがいつか
弱くなっていることに気がつきます.
おやおやこんなこともあるんですね.

少しだけうたた寝をして,しっかり
眠気を取る.では今日も出かけます.
ところが病院の予約時刻を間違えて
憶えていたことがわかり,やむなく
タクシーという名の魔法を使います.
自転車で家の最寄駅から電車で移動,
その後タクシー乗り場へ.それでも
病院の予約時刻には少しの遅刻です.

しばらく待つと名前を呼ばれました,
診察室へ.このところの生活につき
いろいろを話す.ひとと会う約束は
うれしいけれど,昨日みたいについ
ひと酔いすることもあります.まあ
まだ強い自分が確立できてない,と
いうことかもしれません.診断書を
書いてもらって,それから処方箋も
もらいます.ではでは,薬局へ移動.
薬をもらって帰ります,とてとてぽ.

最寄駅のとある店が閉店するという
ポスターを発見.お疲れさまでした.
最近この辺りの店がなくなっている
ことが多い.新陳代謝が盛んなのか
単に寂れて行くばかりなのか,まだ
ぼくにはわかりません.家へと帰宅.

電話の細かい設定を見直しいくつか
ファイルを削除.ふむ,しばらくは
これで様子を見よう.あともう少し
時間が経ったら動機も完了しまして
かかりつけのもうひとつの病院へと
向かいます.午後の診察が始まるよ.

待合のロビーはがらんとしてました.
誰も待っていない.たまにはこんな
日だってあるのだな.すぐに名前を
呼ばれ受診.血糖値の上がりにくい
食べ物の順番を教えてもらいまして,
できる限り食事制限に努めましょう.
薬局へ行き処方された薬を受け取る.
これで今日の通院まみれの日は終了.

家に帰ってのさのさしてるところへ
同居のひとから連絡が.電車なので
ぼくも最寄駅まで出かけましょうね.
陽射しも暑さもどちらも和らいだし
歩くにはちょうどいい気候ですねえ.
ゆっくりと足を踏みしめて徒歩徒歩.

待ち合わせの場所には同居のひとが
先に到着していました.それじゃあ
晩ごはん食べて帰りましょう.少し
逆方向に歩いて,食べます食べます.
でも量を控えめにするジャスティス.
ひかえめ,かつおいしく過ごしたら
ぽてぽてと並んで家へと帰りました.

家に戻ってちょこちょこと作業する.
汗びっとりなので風に当たりますね.
やがてきちんとお風呂の支度をして
お薬を服む.ではまた今日を勤めて
明日のことは明日考える.おやすみ.