しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

笑いたいように笑えないままに笑われていく

鬱蒼とした記憶と,暗澹とした行動.
手を伸ばしても未来は狭いものです.
同居のひとが出かける直前に起きて
たいしたお手伝いもできないままに
お出かけを見送る.今日は晩ごはん
食べてくるそうです.さてそれでは
せめてひとりを楽しく過ごすべきで.

洗濯をする.わっせわっせと機械を
回していき,二度目で洗濯物が全部
片づきました.では干しましょうね.
ほんのこれだけのことにものすごい
エネルギーを費やしている,ように
自分では感じるのですが,おそらく
それは気分障害のせいかと思います.
身体のエネルギー持ってかれてます.

さて昼下がり,音楽鑑賞.正確には
動画の観賞です.ブルーレイを以前
買ったのですが,封を開けて機械に
スロットインして再生ボタンを押す,
これだけのことができなくてですね.
やってしまえばあとは早いんですが.

しっかり音楽観賞の時間を過ごして
あっというまにライヴは終了します.
ディスクを取り出してケースに収め
あとはまたぐったりと過ごしますよ.

日が沈んだので晩ごはん.きわめて
ぞんざいな料理を作って食べていく.
もぐもぐ.厭になるわけではないが
面倒な気分ではあります.ひたすら
今日は気分が落ち気味のようですね.

お風呂の支度を.まだ同居のひとは
帰ってませんが,気分の問題として
なにか役に立つことをしとかないと
いたたまれないのです.できるなら
それが日々のルーティーンの中なら
よりやりやすいのであって.そだね,
自分の中のルーティーンからなにか
他の人のお役に立てるものがあれば
それがうれしい.でもなにか新しい
できごとを試みるのはとても難しい.
いつになれば馴染めるのでしょうね.

同居のひとが帰って来たら,服薬を
いたします.それじゃ,お疲れさま.