読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

不安な気持ちを残したまま

普通の朝に普通に起きられる幸せを
噛み締めながら起床.ちょっとずつ
幸せになっていけばいい.そうして
朝ごはんを食べて口の中を火傷する.

同居のひとを送り出す,外は雨です.
英会話の先生から,今日は無理して
こなくてもいいよとのお達しがある.
気圧変化に覿面に弱いぼくの体質を
よくわかってらっしゃる気遣いです.
お言葉に甘えてそうさせていただく.

さてそれでは昼過ぎまでぐったりと
しておきます.洗濯もできないので
ふて寝いたします.よっこらせのせ.
特に悪い夢を見るでもなく,普通に
時間を過ごしました.よいことです.

さて,そろそろ出かけなくては,と
いうところに同居のひとから電話が.
これから病院に行くそうです.では
ぼくも同じ病院なのでご一緒します.
車を出してもらえるのがうれしいな.

再診受付をふたりすませたら,別の
窓口までてこてこと.予約の時刻に
ジャストくらい.窓口さんに,先に
検査を受けてきてくださいと言われ
用紙を持って検査室へ.心電図など
軽く取られたらもう一度診療科へと
移動.三十分ほど待たされましたが
まあ想定内.ぽかーんと口を開けて
視点をずらして待つ.名前を呼ばれ
診察開始.どうもおひさしぶりです.

特に異常は見当たらなくて,お薬も
効いているので投薬を続けましょう,
今後はかかりつけの病院で受診して
くださいとのこと.よい方向ですよ.
処方箋を出してもらい,ロビーへと
移動します.同居のひとが待ってて
それぞれに精算をする.ぼくは薬を
受け取りに近くの薬局へ行きますが
じき戻ってきますので,良かったら
待っててもらえますか.わさわさと
屋根付き通路の下をくぐって,駅の
ビルにある薬局へ.お薬手帳を家に
忘れてきた旨を伝えてステッカーに
情報を印字してもらう.急いで戻り
同居のひとのところへ.駐車場から
車で移動し,かなり早めの晩ごはん.
午後五時前だとさすがに空いている.
がらんとした店内であれやこれやと
注文をして,もくもくいただいたら
帰りましょう.途中コンビニに寄り
飲みものを補給.ココナツミルク
大好きなんですよ.それじゃあ帰宅.

大病院は独特の雰囲気で,気疲れを
いたします.同居のひとも同じ様子.
ふたりともやはりそれぞれぐったり
寝てしまいます.今度はひどい夢を
見ました.天気とリンクしているに
違いありません.ぶつくさ言いつつ
お風呂の支度.告知文を書き換えて
自動送信をセット,あとはゆっくり
ちゃんと動作しているかを観察です.

ではお薬飲みましょうね.ぐっすり.