読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

あなたがこれを読んでいるころには

朝起きる.むにゃむにゃしながらも
最近の体調の悪さを推し量るために
病院に行きましょう.同居のひとを
送り出したら,ふらりっと自転車で
近所のかかりつけの病院に出かける.

診察.このところなんか不調でして.
めまいと差し込みについて話したら
心臓のエコーと心電図を取ることに.
そして心電図の結果に気になる点が
あるということで,あれよあれよと
いうまに話が進んでいき,救急車で
別の病院に搬送される.その隙間の
時間でこれから救急車に乗るんだと
面白がってたりもしたのですけども.
とりあえず疑われるのは心の臓での
筋肉梗塞です,大掛かりにもなるさ.

ストレッチャーのまま緊急外来へと
運び込まれて,ここは大きい検査を
したほうがいいですこれからすぐに
今すぐですそうでないと今後保証は
いたしませんと強く強く勧められて
あれやらこれやら.緊急時連絡先は
同居のひとにしてあるのでともかく
ICU から許可を得てこっそりと通知.
それから明日お食事会をすることに
なっていた友人たちに申し訳ないと
頭を下げさせていただき,そこから
携帯電話は取り上げられてしまって
以降電子的通信は不可となりました.

心電図をとるためぺたぺたと端子を
体に貼られて,ぴこーんぴこーんと
爪の先に血中酸素濃度を測るための
例のアレを貼っつけられる.さてと
ドラマとかでたまに見るあれの状態.

午前九時に最初の病院に行ってから
ここまで来るのに三時間経ってない.
それほどまで急務だったんですかね.
本人的にはまだのほほんとしてます.

今回の検査は手首からカテーテル
にゅーっと入れていって最終的には
心臓まで持っていって,大きな血管
三箇所での血栓的なものはないかと
調べることになるそうな.それでは
局所麻酔,お医者さまの言う説明を
聞きながらうにょっと管を通される.
ニトロを投入されると心臓どきどき
鼓動がばくばくになるのを肌で実感.
肌じゃないか.内臓で実感しました.
最後に心臓の中にぱあっと造影剤を
ぶち込まれて,体がすごく熱くなる.
一回めは胸にどかんと,二度めには
腰のあたりにどわっと.こんな体験
なかなかできませんよ.驚きました.

検査結果,大きな問題も見つからず
そんなに悪い血管ではないとのこと.
検査を終えてへとへとになってまた
ICU へ戻ると,同居のひとが仕事を
抜けてやって来てくれました.でも
そんなに悪いこともなかったんです.
なんか話ばかりが大げさになってて
すみません.その後張ってた気力も
ほどけていき,ただただくたくたで
ございます.ベッドで横になったら
ぐったりしながら天井を見つめ続け.
時間を潰す手段もないわけですから.
紙と鉛筆くらいあればいいのですが
それもできずにぼんやりしてました.

お腹が空いたら晩ごはん.病院食は
味気ないですが,そういえば今日は
ひなまつりでしたっけね.雛寿司と
菱餅型のゼリーをこねこねいただく.
気持ちだけでも楽しい病院生活をと
細やかな心配りはありがたいですね.

で,病院なので普段服んでいる薬も
出してくれるんですね.錠剤なのが
液剤で出て来たりと,多少の違いは
あるのですが内実は変わらないので
ちゃんと調整できました.ふむふむ.

食後から寝る前まで変化もない時間.
点滴がぽたりぽたり落ちて行くのを
みるしかないんです.体内に残った
造影剤を排出するためにえんえんと
生食を打たれるだけの身となります.

寝る前の薬を服用,おやすみなさい.