しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

正義がなくても地球は回る

起床.あまりしゃきっとしませんね.
ぼやけた瞳で照明を灯して,あとは
ストーブを焚きます.そんな感じで
同居のひとが起きるための準備など.
すっくと起きて来たのでさくさくと
支度をしました.心地よく出かけて
いただければ幸いですよ.それでは.

見送ったらドアを閉じて,それから
ちょっとうとうとする.昼過ぎには
出かけないといけないので,あまり
深くは眠らず過ごす.適切な時刻に
もう一度起きて,しっかりと身支度.

自転車を漕いで駅へ,そこからまた
電車や地下鉄と乗り継いで病院まで.
予約時刻を五分ほど過ぎていました.
待合室はひとでいっぱい.ようやく
座れる場所を見つけて腰を据えます.

しばらく経つと名前を呼ばれまして
診察開始です.大幅に何か変わった
ところもないので,いつもどおりの
薬を処方してもらいました.今回は
二週間分.調剤薬局に移動しますが
お薬手帳を忘れて来てしまいました.
手帳に貼るシールだけもらってから
のんのんと辞去.気疲れしますから.

その後ゆるっと回り道で移動します.
友人と顔を合わせて,ちょっとだけ
会話して帰ります.お疲れさまです.
帰る途中で同居のひとから連絡あり,
それじゃ適当に待ち合わせましょう.

家の最寄駅で合流して,晩ごはんを
食べに行きます.ひとりでも充分に
おいしいけれど,ふたりで食べれば
なおおいしいというものです.さて
食べ終わったら同居のひとは徒歩で,
ぼくは自転車を拾って家に戻ります.

信号と踏切の組み合わせが良くなく
結局は同居のひとの方が先に家へと
帰り着きました.遅くなってごめん.

明日は朝から同居のひとが忙しいと
いうことなので,早めに夜支度して
寝ますか.それではおやすみなさい.