しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

心の中に M-\

中途半端な午前四時.もうあんまり
エアコンがなくてもいい時期かもね.
少なくともこの朝はさほど暑くない.

今日は同居のひとと同じくらい早く
出なくてはいけないのですが,まだ
時間的に早すぎるのでビデオ見たり
ニュースを読んだりして時間を潰す.
寝たりはしませんよ.寝過ごしたら
たくさんたくさん後悔しますからね.

もぞもぞと同居のひとも起きてくる,
どうもおはようございます.んでは
ぱたぱたと支度しましょう.ふたり
同時にお出かけです,同居のひとは
駐車場に,ぼくは駐輪場に.自転車
ひと漕ぎしてスタジオへ向かいます.

くじ引きをしたらそこそこの番手で
一瞬これは商機を逃したかと思って
がっくりしていたら,同じ時間帯の
次の日が埋まっていただけらしくて
目的の日曜日は取れましたよ.うむ.
予約を押さえ料金を払いさようなら.
さくさくと家に帰ります.空模様が
雨模様なのでとっとと戻らないとね.

干してあった洗濯物を取り入れたら
とむとむと畳む畳む.畳み終わって
収納収納.それではひと息つきます.

考えごと.普段は使わない脳みそを
たまには回転させてみる.そうして
組みあがった何かを文字に写し取り
どこかに出せるなにかにするのです.
本当になにかになるかは書いてみて
それから決めれば良いことなのです.

夕方までに体調を少し崩して再起を
図るため横になる.キラキラとした
音楽を聴きながらうとうと.やがて
同居のひとから連絡が届いて,また
今日も晩ごはんを食べにどなどなと
車に乗せてもらうのでした.さてと
おいしくいただいたらごちそうさま.
まだ空は雨模様でぴりっとしません.

途中コンビニに寄ってから帰宅する.
お風呂を沸かしてたぷたぷと浸かり
いつものようにお薬を服むのですよ.
はふうとひといきためいきをついて
吹き出した息の量だけ気を楽にする.
楽になるということにしておきたい.