しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

彗星がいってしまったらみんなかえってくるよ

昨夜は日記を書いた後にどっかんと
震災が起こってしまい,震災報道を
ずっと見ていたら情緒不安定になる.
被災地のかたがたよりも先に泣いて
どうするというのですか.薬を服み
気分を落ち着けてざっくり寝ました.

午前五時のちょっと前に目が醒めて
しまったのですが,あんまり情報を
入れすぎるとまたあわあわするので
いろいろ自重する.それではそっと
自室に行き,作業を少々.ゆっくり
同居のひとが起き出してきたところ
さくさくと朝の支度をします.では
行ってきてください,生き残ってね.

洗濯物をとむとむと畳んで,部屋の
空気を入れ替える.それからあとは
ぐったりと寝てしまいました.また
しばらくはニュースが荒れるかなと
思っていたのですが,同居のひとが
早めに帰ってきたので食事に出ると
いうところで,車の中で流れている
テレビのニュースはなんか通常営業.
もちろん震災についてのニュースも
やっているのですが,東京が中心の
キー局はなんだか他人事な雰囲気で
心の中でこっそりと憤っていました.

まあ食事をして,情緒不安定からは
少しは脱せたと思います.もちろん
ぼくのみならず被災地のかたがたが
一日も早く日常を取り戻せるように
ささやかながらもお祈りしています.
しかしながら,祈ることにも体力や
気力が必要です.半ばは人の幸せを,
そしてまず半ばは自らの心の安定を.

では一日を心静かということにして
お休みします.明日はきっといい日.