しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

ひとふですらも

もっくら.起きる.早朝覚醒でない
適切な起床なのであっぱれなのです.
適当に音楽聴きながら朝の身支度を.
同居のひとが起きたら出発の準備を.
朝ごはん食べてもらって,それじゃ
行ってらっしゃい.お見送りをする.

部屋に引っ込んだら自分のごはんを
もにゅもにゅと食べ,片づけました.
そこから少しうとうとする.だけど
深入りすることなく適度に起きたら
ぼくも出かけます.自転車に乗って
ぎりぎりペダルを漕ぐ.積載量には
限りがあります,お気をつけ下さい.

ふらふらとお出かけして,だけども
今日はなんだか人が多いな.そうか,
よく考えたら世間さまは連休突入か.
カレンダー通りではない自分の身を
しょっぱく思いながらうろうろする.

帰りに晩ごはん食べて帰りましょう.
そう思って適当に入った洋食屋にて
ちょっと文学入ったひとが,大声で
店への不満をあげつらっていました.
恫喝というより空虚.目がうつろで
叫ぶ言葉の内容が徐々にずれていく.
春ですから,春ですから.そういう
季節ですから.自分も物のはずみで
簡単に壊れることは重々承知ですよ.

帰宅.もう汗ばむ時期になってます.
同居のひとはお風呂に入ってました.
先に沸かしてくれて,本当にどうも
ありがとう.ぼくも続いて入ります.

先日から並行していくつかのことを
書きものにまとめる作業をしている
わけですが,うちひとつがぱったり
思いつかなくなってしまった.むう,
頭を絞り出してもひとっかけらすら
出てきません.これは困りものです.
少し距離を置いてみましょうかねえ.

今日は終了.また明日に期待します.