しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

くすしきちからにたまもまよう

朝起き.今日もまたほどほどの時刻.
ただし腕はめちゃめちゃ痛いのです.
同じく早起きで急いで出かけないと
いけない同居のひとを少し手伝って
お見送りをする.いってらっしゃい.

昼頃に荷物が届く.ほいほい判子を
ついて受け取る.箱の割にずっしり.
手軽に受け取った右腕にそこそこの
ダメージが来ました.うーんうーん.
ともかくともあれ,湿布貼りますね.
ぺとりぺとり.本当は腕も頚も全部
ぐるぐるにしたいところなのですが
そんなにたくさんはないので我慢だ.

夕方に同居のひとから連絡.なんか
観光地で寛いでいる様子.ふむふむ.
あまり疲れが出ないように帰ってね.
ぼくは家で洗濯ものを畳んだりして
待ってます.あと,片づけもの少々.

同居のひとから最寄り駅に着いたと
電話がかかってきたので迎えに行く.
コーヒーショップで寛いでいるのを
見つけたのでそのままちょっと早い
晩ごはんにする.もしゃらもしゃら
鶏肉などをいただきます.隣の席で
メートルの上がったおっちゃんらが
ばっきばきの大声で話しているのが
なんだかおかしい.擬音だらけだね.
ぼくが言えた義理ではないのですが.

腹を満たしたところでとことこ徒歩.
家に帰ったらとっとと寝るんだ,と
嘯いていた同居のひとは帰るなりに
すぐにゲームを始めてしまいました.
えーと疲れてるんではなかったのか.
適当にお茶を出したりしつつ見守る.

しょぼんとしながら明日の計画確認.
病院二軒か,またそこそこハードな
日程です.それでは薬服んで寝ます.