しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

くずせるものなら,くずしてごらん.

げふげふ,今日も体調崩れっぱなし.

だんだんお家芸みたいになってきて

それはすごく避けたいところですが

実際にどうしようもない状態ですよ.

 

今日はとうとう同居のひとを見送る

こともできなくて,ふとんの中から

かろうじて声をかけることくらいの

朝でした.声も喉が嗄れているので

魚河岸の大将みたいなえらいことに

なっていますよ.しゃべると痛いし.

 

かといってただ寝ているばかりでも

ありません.時おり襲う咳に対して

ちゃんとした姿勢で対処しなければ

身体中のいろんな筋肉が攣るからね.

咳がこみ上げてきた時にきっちりと

受け止めないともはや怪我しますよ.

 

寝る,咳く,痛む,吐く,とかいう

病みきったローテーションを巡って

憔悴する.肉体のやばさが精神にも

及んでいてろくでもないことばかり

考えています.あと,夢にも見ます.

つまるところ出口なしでございます.

 

同居のひとちょっと遅くなりつつも

無事帰宅.今日もお疲れさまでした.

晩ごはんにしますが主に無言なのは

会話がないのではなく,喉が痛くて

声が出ないからです.だけどそれを

察知して話をふらないでいてくれる

同居のひとの心遣い,感謝してます.

 

食事が終わって床に転がっていたら

そっと風呂の支度をしてくれました.

どうにもならない日常のをどうにか

してくれる存在に全身を振り絞って

ありがとうなのですよ.湯に浸かり

息を吐いて,明日行く病院の算段を.

内科にかかるのは明日は無理なので

暗澹たる気分になります.はてはて.