しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

「メタな話になるけれど」

さわやかに目が醒める.台所仕事を

始めるよー.ペットボトルを片づけ

ぎゅむぎゅむと袋に詰めていきます.

それから洗濯もしないと.たくさん

することがあるのはうれしいですね.

締め切りギリギリとかでないかぎり.

 

んで,その締め切りが大きくひとつ

控えているのですが,それは明日に

病院から帰ってきてから考えようか.

今日は日曜なので病院やってないし.

 

同居のひとは同僚の納車に付き合い

どこかしらへとドライヴに出かけて

いきました.はい行ってらっしゃい.

洗濯物をこなしながら見送りました.

 

昼過ぎ友人から連絡あり.それでは

電話でおしゃべりしましょう.やあ

いかがおすごしでしょうか.健康に

気を遣いなさいよと丁重な助言など

いただきます.本当そのとおりです.

まったりと話し込んで三十分ほどを

楽しみましたよ.どうもありがとう.

 

夕方早めに食事を摂ることにします.

でも残念ながら食べ過ぎたようです,

ただでさえ大きなお腹がもたれてる.

ぐふぐふと息をはきながら横になる.

 

同居のひとの帰宅は読むことすらも

できないので,ひとりで風呂の支度.

夜は夜にふさわしいのろまさ加減で

 

ころっとふとんに入って寝るのです.