しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

不幸せは途切れながらも続くのです

遅めの起床.睡眠のリズムがだいぶ

ずれています.社会性を放棄すれば

個人的には楽なのですが,そういう

わけにもいきませんからねえ.では

ゆっくり起きて,自分なりに生きる.

 

雨は降り続けてますが,洗濯かごが

あふれているので地味に洗濯をする.

雨の当たらないところに干しますが

ぱっとしない気分です.よく晴れた

空の下での物干しは気分爽快ですが

こんな雨の中じゃあねえ.それでも

ぶつぶつ言いながら一回分干したさ.

 

昼ごはんとも晩ごはんともつかない

時間に食事を作る.とにかくお腹が

膨れればいいという文化水準の低い

焼きそばを作る.具がありませんが

細かいことはいいんだよ,な精神で

作らせていただいております.もぐ.

 

メッセージのやり取りを何度かして,

ちょっとうたたね.いろいろ病気を

こじらせる夢を見る.なんだかねえ.

読み解けない文章を読んでいく夢や

召使いとして家にお使えする夢など.

そんなにだれかのものになりたいか.

無償の行為は尊いかもしれないけど.

 

うたたねから目覚めてみると,もう

結構がっつり寝ていたことに気づく

いかんいかんと起き出して身支度を

整えます.ひとりならば好き勝手に

生きることもできるけれど,これが

共同生活になると相手のことも考え

暮らしていかなくてはいけませんし.

 

そうは言いつつ今日もまたひとりで

なんとかお風呂に入って寝るのです.

くすりの量を間違えないようにして

じゃらっと飲み込み,ごくりと嚥下.

もう一度眠気がさすまで読書の時間.

明日は一般的な朝に起きて一般的な

夜に眠れるように過ごせますように.