しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

鈍い眼光

朝起きる.昨夜のことはぼんやりと

覚えている.薬を服んでから,急に

お腹がすいて.寝ぼけながら台所に

移動して,ウインナーをぽちぽちと

刻み,さやいんげんと一緒にざっと

軽く炒めて,トマトソースと混ぜる.

その横でたっぷりのお湯を沸かして

パスタをざらっと.アルデンテには

こだわらず少し長めに茹でて蒸らし

よく湯切りしてからフライパンへと

移動させてソースとよく絡めて完成.

おいしくいただいてる場合じゃない.

深夜だぞ午前の三時とか過ぎてるぞ.

そのまま全部平らげてふとんに戻り

午前六時ちょい前に目が醒めました.

 

同居のひとを送り出して洗濯をする.

さすがに朝ご飯を食べるほどお腹が

空いていない.薬だけ服んどきます.

回したり畳んだり干したりと日常の

世界を生きていきます.昼過ぎには

現実と夢の往来する場所へ行きます.

判りやすく言うと病院とも呼びます.

 

電車と地下鉄を乗り継いでごとごと.

移動して移動して早めに病院に到着.

むっすり待っていると名前を呼ばれ

診察開始.寝ぼけ気味なのでどうも

調子がよろしくありません.普段の

生活も乱れ切っていてかなりアレな

部類に入ると思います.なによりも

茫とした不安に苛まれたりしてます.

前回減らした薬の分が悪かったかも

しれないということになりましたが

本当にそうなのかあと数週間様子を

窺うことに決定.前回と同じ薬です.

 

薬を受け取ってから地下鉄で移動し

同居のひとと家電量販店で落ち合う.

まずは小さな買い物をちょっとだけ.

それから大画面テレビを素見したり

エアコンの買い替えを検討したりと

本気なんだか嘘っこなんだか半端な

移動をしました.さて帰りましょう.

 

電車に乗ろうとすると,人身事故が

発生したため電車が動いてなかった.

しばらく待って各駅停車に乗り込み

ゆったんゆったん揺られる.ぼくの

真正面に立ったおいちゃんが何度も

何度も何度も何度も何度も咳込んで

派手にくしゃみを散らかしています.

帽子にいろいろ飛沫が飛び散るので

さすがにちょっと辟易します.ぷん.

 

せめて咳込む時に手を当てるとかの

処置をしてくれたなら,お風邪など

召されているかたに席を譲ることも

考えたのだけれども,気配りもなく

咳を振りかけてくるひとに配慮する

ことは,ぼくにはできませんでした.

 

駅近くの居酒屋で食事して帰ります.

今日はいろんなタイミングが悪くて

店は大繁盛で大混乱.悲しいほどに

人手が足りてなくていたたまれない.

料理はおいしいのだけれど雰囲気が

修羅場でした.さくさくと食べたら

さらっと帰りましょう.てくてくと

徒歩で帰宅.ポストには頼んでいた

本が届いてました.ゆっくり読もう.

 

これから風呂に入って薬を服みます.

それからピルケースに薬をひたすら

詰めまくる苦行へと突入いたします.

何週間分詰めることができるかなあ.