しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

ハートは石やガラスでできてる

いやもしかしたら滑石かもしれない.

朝早めの起床.午前四時半.なので

あんまり身体を休められていません.

まあすぐには二度寝できないようで

ひそひそと生きていました.たぶん

また眠くなったら寝るでしょうから.

 

同居のひとが起きてきて,準備して

出かけていく.気をつけて.そして

荷物が届くのを待機.今日届くはず.

しかし午前中配送のはずがなかなか

届かない.なのでちょっとうたた寝.

ろくでもない夢を見たので目が醒め

それでもチャイムのひとつもなくて

なんだかがっかりしながらもう一度

確認する.配送日と到着日を勝手に

取り違えていたということに気づき

再度自分にがっかり.あーがっかり.

 

緊張の糸がゆるんだせいかゆっくり

眠ることができましたとさ.そこで

まっとうな社会に所属する夢を見る.

だけどそこでも初手から色物扱いを

受けてしまうオチになる.現実でも

そうなんだから,夢の中でぐらいは

うまいことやりぬけてみたいけれど.

まあみんな笑ってくれればそんなに

悪い気はしないのも正直なところで.

 

ぬけぬけと寝てたらやれこれあって

いい時間になってきた.ちょびっと

書きものをしてたら同居のひと帰宅.

晩ごはんにしましょう.食事の支度.

テレビを眺めながらゆるゆる食べて

そのあとは適切に片づけておきます.

明日はゴミの日なのでまとめないと.

 

部屋にこもって書きもののノートを

再確認.同じことを繰り返し書いて

ある箇所に気づく.記憶力の減退を

目の当たりにしたわけですが,もう

抗わないことにします.気を詰めて

悩み始めても詮無いことですからね.

いつもどおりおくすり服んで寝ます.