しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

療愚無藥

ぼってりと中途覚醒.午前三時かあ.

どうしてこんなふうなんだろう,と

しょぼしょぼしながら眠くなるのを

待ちます.どうにもならんものです.

 

朝になって同居のひとを見送ります.

腰は相変わらず痛いらしい.だけど

今日だけは休むわけにはいかないと

しっかり寒さ対策をしていきました.

 

さて,それでは次は自分の時間です.

ようやく眠気が来たのでおふとんへ.

こないだみたいにぐっすりと眠れた

わけではなく,途切れ途切れでした.

だけどまあなんとか息を吹き返して

そこそこな気分まで落ち着きました.

なんとなく外ではうぐいすが鳴いて

のどかな気分.もう春なんですねえ.

 

夕方になって病院へ行く.がらんと

していましたが時間帯の問題でした.

ぼくの後にどやどやと混んでしまい

なんとなく申し訳ない気になります.

名前を呼ばれて診察.ちょっと悪く

なっているみたいです.進行を防ぐ

カンフル剤を注射されました.んで

これがすごく痛い.声を出すことは

しませんでしたが想像以上に痛くて

鼻水でましたよ.ひりひりしながら

患部を手で押さえて待合室へと移動.

 

自転車を回収し薬を処方してもらい

帰宅です.楽譜を印刷してちょっと

イメージトレーニング,あと手紙を

まだ書いています.あとは封をして

出すだけです.そうこうしていると

同居のひとから電話.ごはんはもう

食べてきたらしいので,何か買って

きてくれるとうれしいです.やはり

年度始めは大変だったらしいですが

整形外科に行くことはまだできない

忙しさだそうです.本当につらそう.

 

さて落ち着いたところでゆっくりと

夜のしたくを.注射の後がまだまだ

痛みますが構わずお風呂入るもんね.