しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

おふねをこいだね

今日もまた早朝覚醒.なのでうまく
眠りなおさなくちゃ.目を閉じたら
去り際の睡眠の波にもう一度ぽとり
飛び込んで,呼吸を整えるのですよ.

結局はうまく波に乗れず,昼前まで
ぐったりと寝てしまいました.幸い
悪い夢は見なかったのでよかったね.

腰が痛いなあ,ふう,とひとことを
こぼしたところ,同居のひとがもう
それはそれは乗り気で温泉行こうと
目を輝かせはじめたので,それじゃ
それについていく.お風呂の支度を
整えて,あてのない温泉の旅に出発.

途中で通り雨に遭う.低気圧のため
ぼくは助手席でノックアウトされる.
しばらく寝てから起きたらようやく
天気も小康状態,途中でなんとなく
決めた目的地にも到着いたしました.
源泉掛け流しありの温泉付き銭湯で
背中や腰を伸ばす.おかげでだいぶ
傷みがましになりました.よかった.

家に戻って食事を取って,そこから
同居のひとが眠気を訴える.んじゃ
寝たら良いのに,と言えばどうやら
この時間から寝ると深夜に起き出し
睡眠のサイクルがずれるかもという
ことを気にしているとのこと.ふむ,
そういった苦しみならよく判ります.
それならば寝ないように相手をして
もちゃもちゃごろごろ.その間にも
日記を書いたりおくすり服んだりと.

明日にしておくべきことをさらりと
やってのけられればいいな,だとか
思いながらぐじぐじとふとんにつく.
あまり出口のないごきげんいかがを
誰にともなく飛ばす夜でございます.