しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

もはや早朝ですらない

目が醒める.まだ暗い.なんだまた
早朝覚醒か,時計を確認.午前三時.
早朝ですらない気がするのでこれは
なにかの間違いだと見なして寝るー.
まったくふざけるのもいいかげんに
してほしいものです.寝れるかなあ.

次に起きたのは昼過ぎ.これはまた
これでふざけている.はっきりした
24時間の感覚が心に欲しいものです.
それができないから問題なのですが.

そんなしがない人生を生きるために
洗濯をする.空模様はあまりよくは
ありませんが,まあ雨に当たらない
ところに干しておきます.干す最中
蜂に襲われて命が縮む.怖い怖いー.
隣家の生け垣の花が香りが強くって
それにおびきよせられているのかも.

陽が落ちて天気が不安定.そのため
体調もぐねぐねしております.ふう.
友人から電話もらったり,また逆に
メールを出したり.そんなこんなで
外の雨がやんだ頃,親のひとからの
電話.なんとか無難に受け答えする.

同居のひとは今日も遅くなるらしく
ごはんも食べてくるってさ.なので
ひとりのほほんと待ちます.しかし
それにしても腰が痛い.どうしたら
この傷みを軽減できるものやらです.
整骨院行かなかった小さな罰ですか.

そんなこんなの一日でしたが無事に
終わりました.何も変わらないまま
また明日が続いていくといいなあと
思いながら,おくすり服んで寝るよ.