しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

その中に何が見える

起きる.昨日メールが届いた友人に
ふと電話をしてみる.すると今日は
お出かけをするらしいので,もしも
よかったら一緒に行きませんか,と
提案をしてみる.人生についてやや
見失いがちなので,ふたりそろって
占いで今後のアドバイスをいただく
ことにしてみました.なむなむなむ.

駅で待ち合わせて電車に乗っていく.
久しぶりに来た街並をてくてく歩き
なんとか入れました.今日ご出勤の
占い師さんには赤い花がつけてあり
その中から選んで順番待ちをすると
いうスタイルでした.前評判とかは
何も聞かずに来たので,それとなく
占いのツールを見て適当に決めます.

占い開始.まず健康運を診てもらう
ある意味夢も希望もないことはじめ.
病気は残念ながら完全には治らない,
けれどうまく付き合っていくことは
できますよね,というアドバイスを
もらいます.ふむ.続いては仕事運.
現状でも構わない,むしろ現状維持.
そのように出ているようです.むー.
打破したい現状というものがあって
それをなんとかしたいなーと思って
問うているのに.頭を使った仕事が
向いてますよ,とのこと.それから
あとはもう好きなことをしなさいと
ありがたい言葉をいただく.たぶん
苦手なこと厭なことなどはとことん
向いていない性根のようです.後は
周囲がバックアップしてくれるよと
いうことなのですが,そんなんでも
生きていていいのでしょうか.煩悶.

別の占い師さんに診てもらっていた
友人と合流,ハンバーガー食べつつ
いろいろ話す.そのまま電車に乗り
おしゃべりしつつ駅で別れ,続いて
ちょっと本屋で調べものなどを少々.

遅くならないうちに帰宅,夕方には
同居のひとは帰ってきていたらしく
なんかテレビ観てなごんでいました.
それにのっかりながら薬を服んだり
ひと風呂浴びたりしておりましたよ.
明日はちゃんと作業するから準備を
真面目に整えて,もくもく眠ります.