しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

この薬か,この薬を服めばいいのか

朝起きる.今日は普通になんとなく
起きられました.今日は雨もやんで
ほどよいほどよい.洗濯をしながら
がったんごっとん過ごし昨日の雨で
干せなかったものをたんと干します.
天気がよいだけでこんなにご機嫌が
よくなる自分が単純で馬鹿馬鹿しい.
だけど単純なものほどキープは困難.
ならばシンプルさを尊びましょうか.

やることやったし昼ごはんを食べて
ちょっともう一度横になる.そして
ふと起きたら,同居のひとがいない.
どこかに出かけたのかな.ほろんと
淋しいかたまりになっているとこへ
電話が鳴る.カーディーラーへ行き
なんじゃら話を付けてきたそうです.
じゃ戻ってきたら買い物に行きます.
重いものを運ぶので車を出してねと
お願いをする.ごぶごぶと水を汲み
卵やミルクを買って息をつなぎます.

家に帰り,適度な時刻に晩ごはんの
準備をする.もぐもぐむしゃむしゃ.
相変わらず口の中の傷が痛いけれど
そのうち治るさと楽観視しておこう.
気に病み始めるとストレスが余計に
増えるばかりだから,あくまで楽観.
顔の筋肉が少々ひくつくのも,急に
貧乏揺すりが激しくなるのもきっと
薬の副作用副作用.アカシジアなど
あの哀しくて眠れない恐怖に比べて
可愛いものであります.口元だとか
眉間だとか,震えるくらい訳ないさ.