しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

すべての世界が揃うまで

夏の空冬の夜,架空の星座永遠の夢.


今日はなんとか起きてですね.まず
同居のひとの体調を確認.それより
おまえがしっかりしろと言われそう.
ふーい,整骨院へ行く.昨日はもう
どないもこないもならんかってんと
愚痴をこぼしながら揉んでいただく.


その後買い物へ.スーパーへ行って
野菜など買いますよ.白菜や大根が
食べたい,というリクエストに従い
いろいろ献立を考える.レジに並び
支払いの段になって財布を忘れたと
いうことに気づく.整骨院は小銭で
払ったから気づかなんだ.すかさず
小銭入れにはさんでおいたカードで
支払いに切り替える.危なかったー.


家に帰ると同居のひとが自分で起き
そばを茹でて食っていた.よしよし,
そこまで元気になっていたら大丈夫.
安心して後片づけをして,そこから
もう一度台所を散らかす.こねこね
バターと粉を練ってケーキを作るよ.


今日はマーブルにするために抹茶を
水で溶いて用意しておきます.まず
常温に戻したバターに三温糖を加え
ねりねりねり.たっぷり泡を立てる.
溶いた卵をちょいちょい足していき
最後に粉をだふっとふるい混ぜこみ
できたタネの半分弱を別ボウルへと
移し替える.そちらに抹茶を混ぜて
がっつり緑色に.それを戻して軽く
くりっと混ぜ込み型に流し込みます.
あとは小一時間焼いて,ほーい完成.


抹茶ケーキ


それを片づけたら今度は晩ごはんに
着手します.大根とにんじんを剥き
水から塩茹で.茹であがったら次は
大きめの鍋の底に昆布を敷き,塩を
ほんのひとつまみ足して沸かします.
鶏肉を入れてダシをとり,ぶつ切り
ねぎと白菜を追加.広がった昆布を
落としぶたとして使うのです.順次
煮えていくに従って根菜を足しては
昆布を一番上に持ってきて,最後に
葛切りを煮て,これだけの料理です.
先日から思うに,病気のひとに出す
料理はこてこて凝るより,ピュアに
粗食のほうが身体になじむようです.
ポン酢でさっぱりといただきました.


すっきりと片づけて,同居のひとも
だいぶ熱も下がり元気になった様子.
長くかかったけどもしっかり休んだ
甲斐がありましたね.おつかれさん.
ぼくも結構疲れたのでドリンク剤で
ドーピングしつつなんとか乗り切る.
週末なのであとはゆっくりしましょ.