しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

手を繋ぐくらいでいい

雨.なので,どこにも出かけませぬ.
やっぱり昨日出かけといてよかった.
ということで朝起きられず昼にすら
起きられず,15時ごろぬっすら起床.


友人もなんかしんどかったらしくて
同じくらいのタイミングで起き出す.
何をするでもなく本を読んでみたり
タロットカードを眺めてみたり,と
だらだらとした休日なのであります.


さて.本腰を入れ友人から頼まれた
書類に目を通し,ここはこんな風に
書いたほうがいいとかアドバイスを
さくさくと唱えます.ぼくができる
ことであれば,できるだけのことを
してあげたいのですよ,誰かに向け
ほんの少しでもいいから.そうして
今回は前にぼくが手続きした国への
申請書類作成のお手伝い.経験者は
自分の作例を出して後進に譲ります.


あっというまに夜になってしまって
食事に出かけるのもアレだねえ,と
ついうっかりピザなど頼ってしまう.
大丈夫,昨日たくさん歩いたからっ.


あとは別の友人から依頼された件を
こねこねとかたち作る.たふたふと
HTMLを書いたり画像を作ったりです.
その間家にいる友人はおいてけぼり,
ごめんすぐ済むから本でも読んでて.
本だけなら読みきれないほどあるし.


しばらくすると同居のひとから電話,
出張から帰宅中だけど雨らしいので
駅まで迎えに来てほしい,とのこと.
もちろん,ということで日の変わる
ころの時刻に傘を持って駅へ向かう.
友人も一緒なので大丈夫.ようやく
エスカレーターから同居のひとの姿.
出張お疲れさま,ふたりでねぎらう.


帰り道でおなかすいたとかぬかして
たこ焼きを買う.友人は実に喜んで
これで思い残すことなく帰れますと
うきうきしてましたが,君,太るよ?


家に帰って薬を服んで風呂の用意を.
明日から平日,雨がやんでくれると
いいのになーと甘く考えつつ就寝だ.