しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

ダウン,アップ,ダウン

朝.目が醒めるがまだ背筋の寒さが
止まらない.…今日はちょっと無理.
休ませてもらいます,と職場に告げ
安静に過ごす.栄養を取ってあとは
休息だ休息だ.昨日の夜はちょっと
ニアウリの足浴→半身浴を試したら
自分の新陳代謝の低さに恐れをなす.
いつまでたっても汗が出ないのです.


そんなわけでゆっくり昼までお休み.
夕方に起きると心持ちすっきりして
だいぶ楽になりました.おめでたい.
そして,すごく幸せなメールが一通.
このメールを読み返せば人生どんな
つらいことがあっても生き残れそう.
脳内でレベルアップ音が響きわたる.


せっかくなので自室の整理をしよう,
汗をかくためにも.高く積まれてる
段ボール箱を開けては閉じ開けては
本棚に放りこみ.大学生時代の資料,
大学院生時代の教科書,いろいろと
思い出はめぐります.ほこりを払い
棚へぎしぎし詰め込みます.すぐに
必要ではないものは段ボールに戻す.


段ボール箱を積み上げようとしたら
足元の箱にぶつかって,箱と一緒に
思いっきり顔をぶつける.ぐ,鼻が.
鼻血でも噴いたかと思ったのですが
なんとかぶつけただけで済んだ模様.
眼鏡はまったく無傷だったって事は
ぼくは鼻が高いってことか? 少しも
自慢にならないことを心にめぐらせ
身体には汗をしたたらせるのでした.
もう熱も下がったし明日は働けるな.
英会話に行けなかったのは残念です.


同居のひと帰宅.すぐ取って返して
整骨院および夕飯の買い出しへ行く.
ぼくは部屋で積んでは崩しを続けて
おりました.帰って来たら晩ごはん.
その間にぼくは洗濯したり,浴槽を
磨いたり,家事分担.ふたり仲良く
夕餉をつつき,なんとなく団欒する.


いろいろ薬を服んで今日も安らかに
寝る事にしましょう.ぶつけた鼻は
ひりひりするけど,ダウンしたなら
そのあとはアップが待ってる.そう
願いたい.それじゃおやすみなさい.