しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

引くも引かぬも地獄なり

うんしょっと起きて,今日は自転車で
家を出る.燃えないごみを捨ててから
やっとこやっとこペダルを踏みますよ.


会社に着いてタイムカードを打刻する.
自分のマシンを立ち上げてあれこれと
仕事をする.今日は曇りなのでほんの
少し機嫌がよろしくありません.むう.


ぱしぱしとまとめて今日は早めに終了,
14時過ぎに会社を早退.ふらふらっと
家に帰りハウスクリーニング屋を待つ.


チャイムが鳴って出迎える.どうやら
ふたりいるらしい.オートロック解除,
招き入れます.でもどうやらひとりは
単に付き添いで名刺を渡しに来ただけ,
実際の作業はおばさんと呼ぶのもやや
はばかられるもう少しお年を召した方.
大丈夫かいなと思いながら前金で渡し
3時間掃除よろしくお願いいたします.


文句も言わずに作業をしてくれるのは
いいのですが,力仕事はできなさそう.
こちらで用意した段ボールを箱に組み
ガムテープで補強しそこに部屋の本を
かたっぱしから詰めていっていただく.
この詰める過程にぼくが関与したらば
あれはダメこれはイヤと遅くなるのは
目に見えているので,全部お任せする.
部屋の前の廊下に段ボールがずんずん
積まれていくので,それをとりあえず
リビングへ運ぶ.予定では部屋の中を
まずは壁際にたどりつくまでかたづけ
そこに棚を設置する,はずだったのに.


結局3時間終了時に壁はビタイチ見えず
棚を組み上げることもなく終了.ただ
10個の段ボール箱をリビングに積んで
おしまいになってしまいました.うう,
これじゃ同居のひとに怒られるよう….
とりあえずグッジョブぶりを讃えつつ
お引き取りいただき,中途半端なまま
部屋にいます.リビングを見てやはり
同居のひとは気分を害しておりました.


折り詰め寿司を夕飯につまむ.だけど
リビングには段ボールがどっさりこだ.
このままではにっちもさっちもなので
同じ会社にもう一度頼む.おかわりー.
今度はふたり連れて来てねと頼んだら
すると料金は倍になりますとの返事が.
交渉してほんの雀の涙ほど値切らせる.


そういうわけでしばらくは段ボールに
怯えながら暮らすことに.これがまた
タイミングが悪くて明日は仕事なので
いろいろやりようがございませんです.


そんなわけで殺伐とした空気のままで
数日過ごすことになりそうです.はう.