しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

それだけでうれしい

ざくざくと仕事へ.心は昨日の事件で
ささくれまくっております.ともあれ
やるべき仕事をできるだけ片づけたら
会社をひょろっと抜け出してバンドの
リーダーと合流.車には痛々しい姿の
アコーディオンが搭載されております.


事前に調べておいた住所を元に,車で
大阪市内を南下する.アコーディオン
修繕のプロの店へは周囲が一方通行に
阻まれてなかなか辿り着けませんです.
時間調整のためお昼をいただいてから
結局すぐそばにある駐車場に車を停め
ごろごろカートで転がしてお頼み申す.


さて.楽器屋さんは相変わらず職人に
徹してぱきぱきと蓋を開けてゆきます.
ぼくには到底触れそうもない部分まで
ネジを外してガスガスと開ける開ける.
120個のボタンで司るシャフトがンもう
ものすごい複雑にからみあっています
上記画像リンク先は長坂憲道さんの
アコーディオンの屋根裏部屋にある
「アコーディオンの構造」より拝借.
アコーディオン弾きは必読のサイト.


そのうち引っかかっているバネ部分を
ピンセットでぴしぴし弾いていきます.
なにやら強い衝撃を受けた時にそこの
部分が違う箇所に入り込んでいたとの
お話です.最後のピンをひねった時に
カシャッと音が鳴り,ボタンが治った.
瞬間深く,安堵のため息をつきました.
修繕代は結構,とのことでなお嬉しい.


こういう事故を起こさないようにする
ポイントを教えてもらう.収納時には
楽器を脚の方から持つとか,ケースに
タオルとかプチプチとか緩衝材になる
なにかを敷いておくとか.ためになる
話を拝聴して,なにより感謝のために
深く頭を下げて店を後にしたのでした.
あと,バンドリーダーにも大きく感謝.
仕事を抜けてまで楽器搬送を手伝って
いただいたわけですから.ひとまずは
今日はまた車に積んでもらって,また
明日の練習に持ってきてもらうことに.


駅付近で降ろしてもらいそこからまた
仕事に戻る.特に滞ったこともなくて
安心やら拍子抜けやら.さくりさくり
仕事を終えて,歩いて家まで帰ります.


明日の練習に備えてCDを聴き込みつつ
イメージトレーニング.自分の楽器が
戻ってきて,ただそれだけでうれしい.