しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

Don't trust anyone over 30

昨日の夜,ちょっとしたバーで,
彼女に言った,ぼくはいなくなるよ.

憎むよりも悲しむよりも怒りよりも
嘆くよりも先に,30歳を越えたら
全幅の信頼を措いてもらえるなんて
思わない方がいいようです.ただ
30年前当時の大阪に思いを馳せて
自分が生まれたころのことなどを
考えてみたりする.ただそれだけ.

ころりんとぼくが生まれてきて,
なんとした弾みかこの日まで
生き延びちゃいましたね.今日は
ぼくが生まれてちょうど30年目の
ポンコツ度に磨きがかかる日です.
容貌の衰えを悲しむ小野小町
なるよりは,これからどのように
粋なオヤジになっていけるかを
模索して行きたいと思ってます.

今現在は属性があまりにも貧弱で
クレジットカードの審査に通れば
ラッキー,くらいの状態ですが
これだけは言っておきましょう.
今,幸せです.10歳の頃や20歳の
頃に夢見た未来とは形は違えど
「しあわせ? 」と訊かれたならば
ゆっくりと「うん,しあわせ」と
言えるくらいにはなっていますよ.

まだまだこれからいいことなんて
いっぱいありそうだし,誰かを
元気付けてあげる事もできそう.
若者から簡単には信じてもらえは
しないほど年は食ったけれども,
それもまた愉快かもしれません.

はてさて,ぼくは粋な30代に,
それも人を楽しませるような
器の大きいオヤジになれるかな.