しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

Lacrimosa

日本における,盆という慣習と
第二次世界大戦の終戰の日が
同じ時期であるというのは全く
偶然なのでしょうか.毎年毎度
この時期になるとそんなことを
思います.テレビの画面からは
平和の貴さを訴え,戦争のない
世界を目指そうという声ばかりが
湧き起こっていますが,ぼくには
そのために何ができるのかすら
わかっていません.しおしおと
黙って祈り続けても平和になんて
なりません,きっと.かといって
戦地巡り倒して,,ボランティア
活動に精を出すだなんてことも
夢想はするものの実行に移すほど
よく動く人間じゃありませんし.

その他ニュースといえば衆議院
解散についてのごたごたわさわさ.
子どもの喧嘩状態ですが,それも
また国民が選んだ道ですからねえ.
達観してるだけでは何もできない
白鷺のようなものですが.でも
やっぱりぼくは動くのが遅くて
ぼんやりしてるだけなんだろうな.

ともあれ,1945年から60年が経ち
平和って何かがまだわかりません.
戦争に反対するためには,自分の
生活を美しくして,その美学をただ
貫き通すしかないと思いを反芻.