しろまるは不穏当

たこやき国のすみっこで生きるおじさんのとほほなつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

Days

まもなく天国

なんだかこのところいつものように早朝に起きてはなにか食事を作って食べてから後悔する,ということが続いているな.まあ今日も同じこと繰り返しているんですが.しかしね,食うのまでは百歩譲って許すとして,そのままで寝てしまうのはどうかと. それじゃ…

心配するの,やめてみませんか

午前六時起床.はい,はいはいはい.そこそこしゃっきり起き出せたので手仕事もそもそ.九時五時ではない形態で本当に良かった.設定を調整,エディタを最新の状態まで更新してファイルが読み込めない事態が発覚.どうしようかなーといったところで同居のひ…

にがくてもいいの,おろかでもいいの

起きたは良いけどお腹が空きました.台所に移動してぐつぐつと鍋を使う.ひとりでもそもそ食べて,それではまた横になりましょう.それは単に起きたのではなく食べるためだけにほんの束の間目を醒ましただけです. ようやくぼんやり目を醒ましたのはお昼前,…

愛はもっとそうじゃなくて

起きられずうろうろの朝なのですが同居のひとがもぞもぞと身支度しているのでぐもっと立ち上がりました.今日はエンドレスでお出かけらしくいつ帰ってくるかは謎なのだそうで.いつもお疲れさまです,締め切りに間に合うといいですね,つつがなく. ふらふら…

おまえはここで充たされておけ

泥棒に簒奪されて葬式すら出せない粗末な夢を見た.いずれはそうなる身だと思うとはかなさにほろほろと. さて,起きれば現実です.現実には現実なりの対処方法がございましてひとまずは同居のひとの朝ごはんを作りましょうかね.一緒に食べればおいしいね.…

行き過ぎてゆくでしょう,気づきもせずに

ゆるい起床.そんなに悪い感じではありません.睡眠状態からゆっくりシームレスに浮上していく心持ちで同居のひとの食事を作ったりできてよろしかったのではないでしょうか.それじゃどうぞ行ってらっしゃいな.ただ外は雨で,それは少し気がかり.これじゃ…

残った文字をアナグラムで読んでみてください

もっ.起きる.同居のひとが今日は非常に早く起きて出かけるといった事由のため,一緒になって早起きを.そしてその後ちょっとだけ,本当にほんのちょっとだけ寝る.起きたらわたわたと身支度を整えて出かける. 自転車電車でスタジオへ.ではでは書類を書い…

五つの月が揃って昇るときは

朝起きて,ちょっとだけお手伝いをしたらもうまたばしんとおふとんへ逆戻り.かろうじて同居のひとへの心遣いをして,そのまま寝てました. 二度寝から起床.十三時でしたかね.よく寝たんだけれどあんまり体力が回復していない.もうちょい素敵な睡眠環境を…

目のつけどころすぎ

起床.なかなかぴんとこない朝です.それでも昨日おとといくらいまでの起きっぷりに比べればましでしょう.同居のひとが朝早く起きていくのをお手伝い.充分時間がありますので朝ごはんもゆっくり食べていってね.それじゃあどうぞ行ってらっしゃい. そこか…

好きなものがなにもなかった

寝たり起きたり,どうしたらいいか判然としない状態で,なにも考えず生きています.二度ほどベルが鳴りそれは同居のひとが対応してくれたみたいです.いやはや,ありがとう. その後もろっと起き上がって,次はぼくの番ですね.やっぱり二度ほど呼び鈴が鳴っ…

"I hope you step on a lego barefoot"

午前七時前に起床.まあここまでは普通なのですが,また再度の眠気がきてしまい,最終的にはそれはもう寝穢く過ごしていました.しまった.同居のひとのお手伝いもそんなにはたくさんできずじまいで,最低限のお見送りくらいしかできなかったよ. その後また…

セリーヌとジュリーは舟で行く

今朝はのんのんとして過ごせました.急ぐ用事もないし,同居のひとにも特にわたわたすることもなく.ではちょっとゆったり寝ておきましょう. ぐったり.ぐったりぐったりなのでお昼前までくらいは寝ちゃうからね.そこから洗濯を二度とちょっと回転.最後の…

昨日の月は赤かった

そろろっと起きる午前六時半.ふむ,良い時刻ではないですか.だけどもなぜかどうにもならない心の重みがずしんと今日も持ち重り.やれやれ. 同居のひとが起きるのに合わせ朝食.そのほかにもお出かけの用意をしてぱたぱたと出かけていただきました.今日も…

急転直下花一匁

まったくもってなっておらん時刻に起き出す.どうしたらいいものやら.同居のひとを押しやるような勢いで送り出し,その後の予定に合わせて待機する.しかし途中で寝落ちしてごみを出せずに終わる.紙のゴミは溜まるのが早くてねえ.次回はすぐ持って出られ…

NO MISS, NO GROOVE

泥のように起床.起床とも言えないくらいに単に目が醒めただけの現状.同居のひとはこの荒天の中でもただ出かけていくばかり.本当の本当に気をつけて.自然災害はつらいよね.低気圧に負けたぼくはひたすら横になり続けるのでありました.はふう. 昼過ぎに…

やんぬるかな

なんだかぼんやりした起床でしたが寝たり起きたり繰り返したりばかり.くっきりはっきり起きたのは正午の少し前のことでありましたとさ,とオチもない朝と昼です.とりあえず同居のひとと一緒に出かけましょう. ばたばたとひと混みの中へ.ううう,用事を済…

あの日見た夢は覚えていてはいけない

ベルの音で叩き起こされます.ではドアを開け,ミルクボックスの中を補充してもらいます.ううまだ眠い.せっかく寝床を抜け出したのにまたリビングで寝倒していました.ぐう. 同居のひとが起きるアラームが鳴りふたりして起きます.準備を手伝う.じゃあど…

一歩一歩,二人,いいえ三人で

のぞのぞ起きる.雨も降っているし,だいぶ冷えてきています.ともかく洗濯をしたいのですが,お天気がね.リビングで時間を過ごして,じきに牛乳配達のベルが鳴ります.ドアを開けて待たなくては.それを終えてまた少しだけ睡眠に逆戻りしました. 同居のひ…

なんで点Pって動くんでしょうね

なかなか起きられず午前八時半前でうろたえる.今すぐ出かけなくちゃ.スタジオでの抽選会に間に合わない.幸いにも今日は同居のひとは午前はそんなに差し迫ってないそうなので同居のひとに車を出してもらいます. 到着.くじ引きでは二番手を引いてほくほく…

全方位愉しげ

分断された睡眠の切れ端をいただく.要するに中途覚醒したってことだい.午前四時,ふたコマ戻る.そうしてぬろぬろと起きたり寝たりしていて身体がちっとも休まらない.部屋を移動してリビングでうとらうとらと寝ていると,同居のひとが寝ているところから…

どれもが難あり

ねむけじゃぶじゃぶ.同居のひとの食べるものを用意するだけで,もう精いっぱい.用意し終わったらもうリビングで寝なおし.気がついたら同居のひとはもう出かけるばかりに身支度を整えてました.それはもう恐縮です.玄関先まで見送った後はまたふとんにも…

一気通貫

まあ普通の時刻,午前六時に起きる.特になにをするでもなく朝の時間を快く過ごします.ややあって静かに同居のひとも起きてきて,朝ごはん食べたいとのこと.はい,もさもさ.それじゃ今日も元気で行ってらしてくださいな.いい感じに晴れてます. 昨日から…

寝ているのになぜか立ちくらみがしている

かりっと午前五時に起床,昨日から気になっていた作業をもう一度開始.自分の名前で検索すると目的地とは違う箇所へ到達気味だということが判明したので,しかるべき場所へと誘導すべくこちゃこちゃと画策する.導入はわかりやすいのが一番ですね.だけどま…

へーんな感じがしませんか

早朝覚醒気味のおはようございます.まあ,ぎりぎり普通の時刻ではある.うぞろうぞろと起き出して少し食事.後かたづけをしてリビングで休憩をしていると,メール受信.おやおや,先日修理に出した機械がいろいろと完了したので送り返しましたよとのお知ら…

魅力的すぎたかしら

目が醒めると午前四時ちょい前です.お腹が空いてないわけではないけど空腹による起床ではない.たぶんね.ともあれこれは早朝覚醒,しっかり寝なおすことにします.では体力が戻るといいな.寝床に沈んでひゅう. 再度目醒めるとそれなりの朝でした.もう起…

Quadrophenia

お腹が空いて起床.台所に立ったらあれやこれや捏ね上げて食べていく.寝る前よりは,起きてからのほうがいくらかましでしょう.その後また寝ちゃうから意味がないんですけど.ただ二度寝の前にゴミ捨てくらいはできたのでそれだけでもよくやった. はたと目…

とぼけた呪文をかけた

朝早めの起床.これは自制心だとか生活習慣改善とかとは関係がなくてきっとお腹が空いたから目が醒めてしまっただけだと思われます.では台所でうひうひ言いながら,簡単に食べものを作っては食べ,ある意味幸せな気分です.食事制限の甲斐もありまして,ず…

更新することのもどかしさ

チャイムの音であわてて起きました.そうか,もうそんな時刻なのですね.今朝はたっぷり寝てしまった,のは昨夜が相当遅かったせいもあります.同居のひとのゲームがずっとずっと終わらなくてですね.最近のゲーム,明確なセーブポイントとかないので,オー…

君去りし後

楽器を失くす夢を見て,わたわたと感情を整理する.こんな大きなものなかなか見失わないですよ.夢だしダメージはゼロなのですが,やはり心もどきどきする話です.やれやれ. さて真面目に起きて.今日は日曜日,もちろん病院は休診日.うう,早く病院行きた…

ただ腹を空かせて君の元へ帰るんだ

むにょ.朝は起きられなくて,ただ惰眠を貪っていました.呼び鈴にも出られなくて,同居のひとに手間をかけさせてしまう.寝てるところをすみません.そこからやっと起きて同居のひとが再度起きてくるまでを待ちます.朝ごはん,適当に用意し食べてもらいな…