しろまるは不穏当

世界の片隅でのんのんと生きるおじさんのつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

Days

また旅に出るよ

起きる.午前六時ちょっと前.さてむっくら起き上がって,お出かけの心づもりをつけます.同居のひとのアラームが鳴りました,ゆっくりと支度を手伝います.外はまだ太陽が昇りきっていないせいか,雨のためどよんとしています.うーむうーむ. では出かける…

こうしてはいられない

早朝覚醒.よく寝てよく起きた感じ.しばらく自室でぼんやりしていると同居のひとも起きてきたので,すぐ朝食を作りましょう.こねりこねり.さて,では一緒にいただきましょう.もごもご食べながら,本日の予定を聞いていく.帰ってくるのはそんな遅くもな…

恋は劈開性

もぬん.起きます.まだだいぶ早い.機械をちょこっといじって,時間を稼いだあとはまた床に潜り込みます.もうちょっと寝たほうがいいかなと. そんなわけで昼になって,もそもそ同居のひとが出かける支度をしてる.お昼ごはんを食べに出かけましょう.もし…

ぼくを見かけませんでしたか

ふわっと起床.同居のひとは早くにお出かけなので,朝ごはんの作成もかなり早めの時刻となります.のでぼんやりしながら火を使い,お皿にもそっと盛りつけます.それじゃあいただきます,やけどしないように. ひとしきり食べ終えたらお出かけの準備を手伝い…

あの日見つけた秘密の光

起床.えっと,ごみ捨てなくちゃね.そういうわけでひそかにばたばたと.同居のひとを起こさない程度の作業.さて,それでは出してくる.途中で管理人さんとそのほかとでの会話がはさかっちゃって,邪魔しないようするりと抜けて家へと戻りましたよ. ややあ…

同じ気持ちで爆発しそうな仲間と

妙な時刻に目が醒める.そんなにも早く起きなくてもいいんだけれどな.でもすっきりした目醒めだったのは昨晩に寝る前の薬が効いたのだなあ. 台所でごそごそ.朝ごはんでもない夜明け前のごはん.つるつるたぐり簡単に片づけて,ほろほろしてると同居のひと…

いいえ 綺麗な花は枯れ 醜い過程が嘲笑うのです

朝起きる.めしょめしょ目を擦って昨日の夜に作っておいたごみを出す.お薬を服んでからふっと思い出してぎちぎちと段ボール箱に詰め込んでいたのですが,実際に出しに行くとまだ誰もなにも出していない.えっ.家に戻ってからカレンダーを確認し一週間間違…

心変わりはキャメラのせい

いい感じに目を醒ましました.うん,ちゃんとした朝だ.ちょっと天気はよくないものの,生活していくのに充分です.まずは朝ごはん食べよう.昨日の深夜にはおなかがすいてても耐え忍んだので,朝ならよかろうと炭水化物をずぞっといってしまった. 午前中に…

心のエーテルこぼれてしまった

朝,ちょっとだけ遅くなってしまい同居のひとの朝ごはんを作るだけでいっぱいいっぱい.しかも味つけに失敗してがっかりです.もうちょい落ち着いて調理するべきでしたねえ. あとは無事に出かけてもらいますよ.無事に行ってらっしゃいを告げたら部屋に戻り…

オーロラの扉を祈りながら開けたら

ぐしゃ.今日もあんまり良い朝ではありませんでした.朝ごはんひとつ作れやしなくて,なんだかつらいね.ともあれ同居のひとを送り出したらできることからしましょう.まずは洗濯です.午前中に曇りから晴れに移行したので,これはよいなと思いなにも考えず…

それでもだめなら,ダイナマイトどん

ぬぬぬう.朝,いったんチャイムの音で目が醒めました.その後適切に対応をして,もう一度寝床へと戻る. 二度目のなんらかのチャイムが鳴りそこにうまく動けなかった.なので同居のひとがまずは対応してくれて,その間にぼくも出られるよう支度を整える.寝…

名もなき君にも名もなきぼくにも

ひょっくり.正しい朝に目が醒める.そうだ,ごみ捨てしなくちゃ.袋の口を括って年末に出しきれなかったいくつかのごみを出しておかないと.よいしょよいしょと往復をして終了.外はよく冷えていますが,ちょっと出るくらいならシャツ一枚で大丈夫. 部屋に…

1%の関係

むにゅうと目醒め.やはりちゃんと起きられなくて,ずっしりした目をこすりこすり,ようやく起き上がり朝ごはんの支度に移りましょうかね. さて台所で,複数のことを時間差で行います.最終的にしあがったのはまあ,見た目は普通の朝ごはんです.それではふ…

一生を棒に振って人生に関与せよ

ぐうたらさんのお正月.今日もまた昼まで寝てしまう.というか昨夜もまた遅くまで起きてしまってたのが敗因のひとつだと思います.そしてぐおっと起き上がってお昼ごはんを調達しましょう.ふたり連れで外へ,じゃかじゃか買い物をして帰ります. さて食べよ…

心地よく秘密めいたところ

昨夜もまた夜更かしで,いつまでもだらだらとテレビばかり観ています.リアルタイムのものならばまだしも録画したものを追っかけ再生ばかり.目はふたつ耳もふたつしかないのにどれだけ時間をかければ観終わるか見当もつきません.追いつかないね. そんなこ…

怒鳴り散らすぼくの声はあまりにも小さい

目が.醒め.ない.ようやく起きて動き出したのは正午過ぎ.そろそろお昼ごはんが欲しいようとの意見にお応えして,じゃぶじゃぶ作ります.ぼくはそんなにお腹が空いてなくて食べないまま,ごろごろしています. 同居のひとと一緒にほんのり片づけ.ごみ袋に…

夜になっても遊びつづけろ

しまったー,寝坊した.ごみ出しをできないまま年を越してしまうこと確定です.ぬかりまくりであります.同居のひとは先に起きていて,朝の身支度を始めています.手伝うことなにもありませんでした.せめての動きとして,お見送りだけしました.今日も今日…

He's just not that into you

朝九時前に目が醒める.でも今日は朝の用事はないのでそのまま二度寝. 再度目を醒ましたのは十二時を少し過ぎたあたり.同居のひとはひとりなにやら食べていました.さてはて,ぼくは出かける用事があるので服を着替えて出かけます.それじゃあね. 友人と…

あなた今夜はなにを召し上がりますか

朝起きる.昨日の疲れもあったのかあんまり力がぐいっとしていません.ゆるりっと過ごして,同居のひとが起きてくる.朝ごはん作りましょう. しっかり召し上がっていただいたらお出かけの支度.あれをあっちへとこれをこっちへと,それではどうぞ行ってらっ…

砂漠が美しいのはどこかに井戸を隠しているからだよ

そこそこに朝,起床.ほどよく目がほぐれていきました.同居のひとが目を醒ますアラームが聞こえてきて,朝ごはん作ります.じゃくじゃくと鍋を振るって完成.あとはしっかり食べていただきます.もしゃもしゃ. 出かける身支度をお手伝いしましてそれではど…

相似と選択

目をこじ開けて起床.同居のひとのリクエストで今日も朝ごはんを作る.やってる間はとても楽しいのですよ.楽しいというか,ひとのためなにか行動するのは自分がなんらかの役に立てているということです,こんなうれしいことはないじゃないですか.しっかり…

ごもっともでございます

朝,起きたような起きてないような.そのまま起きていようかとも思っていたのですが,ストーブを点けたら心地よさに負けて寝てしまいました. 同居のひとが声をかけてくれてまた起きなおします.はいなんとかする.朝というかもう昼ですが,ごはんを食べませ…

青春の続きが終わり始めるこの頃

朝.ちょっと早めに起きたのですが何をどう動きましょうか.そこそこ時間が経ったら,洗濯をしましょう.布が蓄積されている洗濯かごを無事二度の洗濯で空けることができたよ.干している間に同居のひとがむくり起きてきたので,朝ごはんにします.トッピン…

失せましたいかが致しませう

ほどよい起床.とりあえずごみ出し. この数日買い物をさぼっていたのでいつもの朝ごはんが作れない.のでちょっと目先を変えて捏造しました.それでもおいしければよいのですよ.しっかり食べてもらいごちそうさま,あと片づけと並行し出かける準備を整えて…

夕陽の中でさようなら

おはようございます.同居のひとの起きる物音でむにょむにょ起き出し朝ごはんの支度をしましょう.はて,ストックが尽きているものがあって代理のものを使ってこねこねします. 食べてもらったらしっかりと身支度.行ってらっしゃいませ,気をつけて. その…

カラメルを上手に焦がす

ひょんな時刻に目が覚める.いまだ外は暗いまま.二度寝するほどではないくらいの眠気だったので,もう思い切って起き上がる.ちょびっと台所で水を飲んで,胃の中を整えて作業をする.あんまりうるさくして同居のひとを起こしてはいけません. 調べものをて…

そっちの細胞欲しい

目を醒ますと,すでに同居のひとは身支度を整えていました.昨日から楽しみにしていましたからね.ではどうぞ行ってきてください,途中でくじけないでしっかりドライブしてきてください.さて,ぼくはぼくで別のこまごま.ひとまず洗濯をする.だっぶだっぶ…

アーモンドクラッシュなのだ

ほんのちょっと早く起床.だけども台所でちょいちょいとものをつまみ眠気アゲイン.我慢をしようとして結局リビングで突っ伏すという失敗.風邪引かなくて済んだだけましかも. 同居のひと起床,少し遅め.朝食のルーティーンを外して別の物を作り食べていた…

ああ,ここはランカシャイヤだ

ぬぬぬ.よっこらと朝に目醒めます.お腹が空いているので台所に立ってあれやらこれやら.まったく奔放なことでありますね.匂いを出さない食べ物をこさえて食べる.もそもそ. 同居のひとが起きてくる.それでは正規の朝ごはんを作ることにします.もう一度…

誰かこいつを止めないでくれ

むにゃむにゃ.今日は少し早いとも思わせながらさほどえらくもない朝.いろいろ世界をいじっているとまた眠気が刺してきて,豪勢にも二度寝.豪快に寝とぼけてしまい,もう一度起きた頃には同居のひとはしっかり身支度を整えていたのでした.反省.朝ごはん…