しろまるは不穏当

世界の片隅でのんのんと生きるおじさんのつぶやき.それでもいいから生きていこうね.

Days

ここはいい星だな

朝.むすっとしながらでも起きます.今日はスタジオの予約を取りに行く予定となっているからです.どうもしゃんと起きられなくてしょんぼり.だけど同居のひとが送ってくれるということで,そういったありがたいお申し出に感謝.でも車の中で半分眠ってまし…

蟒蛇と紅玉石

いったん起きる.ごみ捨て行かねば.ぼすっとごみ捨て場にごみ袋を置きネットをかけて部屋に戻る.寒いね. 同居のひとが起きるまでゆらゆらと参考書を読み知識を埋め込んでいく.やがて同居のひとが起きたら,朝の身支度のお手伝い.本を読んでると少し眠く…

あの日あの場所で凍りついた時間が

起床する.同居のひとはまだ寝てる.じきに起きるでしょう.携帯電話をいじりながら,うにゃらうにゃらと過ごします.アラームが聞こえます,それじゃ起きてください.朝ごはん用意して,着替えてもらう.そして食べてもらう.行ってらっしゃーい. 理髪店に…

サヨナラって字がわからない

格別に何が起こるでもない,昨日はちょっとどころでない夜更かしさん.早朝に起きることもなく,ひたすら寝ている一日です.起きられません.だいたい同じくらいの時刻に寝てる同居のひと,なんでちゃんと朝から,いや朝というのはちょっと違うかな,昼前く…

月もちゃっかりちゃーびらさい

目が醒めない.醒めないんだってば.お昼頃にうっすら,同居のひとからごはんどうするかねみたいなことを訊かれた記憶がうっすらありますがろくな答えも出せずに落ちたような. ちゃんと目が醒めたのは十六時過ぎ.同居のひとはそれとは入れ替わりに昼寝する…

行ってくるよって言ってくるよ

昨夜はちょっと遅かったので,つい寝坊してしまいました.そんな時も同居のひとはしっかりと起き出して出かける用意をしています.鉄人だ.かろうじてついていくために着替え.一緒に出かけて朝ごはん.その次に同居のひとは用件を済ませてくるというので,…

もうなにをやってもあかんわ もうなにをやってもな

なにげなく起床.ほぼ同居のひとと同時刻.それでは朝ごはん用意してその他もろもろ準備.一緒にごはん.万端整ったらば,行ってらっしゃい. そこからくるりと元気をひしゃげておふとんの中に崩れ落ちます.また眠り直します.それはもうぐっすり. まった…

明日死んでもいいから今日はやめとかない?

それなりに朝起きる.もうちょっと同居のひとは眠っているらしいのでそれそろりと行動.いくつか作業をしていると同居のひと起床.じゃあ朝の支度をしよう.朝ごはんどうぞ.お着替えも準備して,今日も元気で行ってらっしゃい.気をつけてねー. 送り出した…

バターって牛乳から作るのか

かろうじて朝起きる.同居のひとのお手伝いというより,朝ごはんだけ作った感じ.一緒にもぐもぐ食べてそれではどうぞ,行ってらっしゃい. だけどまだ眠い.もうちょっとだけ寝かせてください.本当にほんのりあとちょろっとだけ,ちょっとだけ. 目を醒ま…

とても不器用だった 産まれてよかったね

朝起きる.同居のひとが起きるのを横目で見て,いてはいけないのです.今日は同居のひとに乗せてもらってスタジオの予約を取りに行く日です.わたわたとあわてて着替えて,移動. くじ引きくじ引き.今日はぴったりいい感じの番手を引いて,幸先良い一年のス…

うさぎが跳んだ日

朝起きる.今日は普通の午前八時半.お休みの日としてはよき時間帯です.それでもいろいろ作業をしているとほんのり眠くなる.またちょこっとおふとんに戻り,それでもまたすぐすっくり起きる.同居のひとはまだ寝ていますが,洗濯でもしましょう. 洗濯物を…

たぬきの方程式

寝正月,寝正月,寝正月.三度言う.朝ちょろっと起きてものを食べたらまた寝床に戻ってゆるやかに寝入る. 昼過ぎに起きて,同居のひとがまたゲームをしているのを見てゆらゆらごろごろ.結局また寝てしまいます. 再度目を醒ましたらがっつりと陽が沈んで…

去年を待ちながら

ちょっとだけ早く起きて,残ってるケーキを朝からもにゃもにゃ食べる.きれいに片付けたら,同居のひとが起きてくるのを待ちます.もうお昼.適当に家にあるもので食べましたよ. その後同居のひとが思うさま世界を救っています.ぼくは横に寝転んで,暖房も…

もう何年もたつにちがいない

朝起きる.やや遅めの午前九時起床.まあそれでもよいでしょう,台所でくしゃくしゃと食事をして,そして自分の部屋で作業をしてるところで同居のひとが起きてくる.おやおや,それじゃ朝ごはん食べてくださいな. リビングでふたり寛いでいたところそういえ…

たくさんやることはあるのに,頭がちっとも働かない

朝.ベルの音に叩き起こされました.いけないいけない,今日は宅配便がくるのを忘れていました.ばたばた寝床から抜け出してロックを解除し玄関先まで届けてもらいました.で,そのまま寝てしまって.ストーブが暖かいので,ついそのままうとうと. ごそごそ…

インテリすぎたニヒリストみたいだ

朝五時半.まだ外は暗かったりする.だけどまあいいや,起きましょうか.軽く自分の朝ごはんを食べて,服薬.その後は無事,うとうとすることもございませんで,ちゃんとしている. うねうねと本を読んでいたら,遠くアラームが聞こえる.同居のひとの目覚ま…

うしろむけひだりならえ

チャイムの音で目が醒める.ううう,なんとかリビングまで走り鍵を開け宅配物をボックスに入れてもらって今日が始まります.はずなのですがまたリビングの床に寝転がり再睡眠. 同居のひとがそろそろ出かけるよというあたりでもぞもぞ起きて,次はちょっとだ…

月のひつじ

うーん,体調が思わしくないままで朝起きる.とりあえず同居のひとのお手伝いを.あんまり大きく助けることはできなくて,ごめんねなんか.それではともあれいってらっしゃい. その後また部屋に戻って寝る.寝る. 気がつけばもうすっかり陽も沈んで夜です…

へっぽこさん

くるんと起きる.それではゆったり同居のひとのお手伝い.朝ごはんをどうぞ召し上がれー.それでは今日帰ってくる時刻を確認します.また待つばかりの日を過ごすのでしょう.行ってらっしゃい,今日もしっかり生きていってくださいね.ご安全に. 送り出した…

『抜け駆けてみれるかな 世界 悪いね ぼくはもう恋の奴隷』

それなりの朝に起きる.しばし待ち宅配屋さんのチャイムを待ちました.いい感じでそのとおりに.よしよし.同居のひとの朝ごはんを用意したらほんのりとだけうとうと.きちんと時間になったら起き上がり,ふっと起きてきた同居のひとの朝の支度をちょもちょ…

一緒なら,愛は元気

粗く生きている証左として,またも昨夜は入浴できなかった.どうにも眠くて,お風呂の用意をしたまではいいのだけれどそこから湯に浸かることはできませんでした.かなしみ. とりあえず起きたのは午前八時半をちょっと過ぎたあたり,ゆっくりと同居のひとが…

かよわきエナジー

昨夜はお薬服んだあと,お風呂には入れなかったらしい.支度までしてそのまま力尽きたらしい.そうして目を醒ましたのはリビングの床の上.はあああ.大きなため息ひとつつきできることをしましょう.まったく服薬後の行動は油断なりませんねえ. ひとまずは…

あのひととこのひとがそのことで

やや早朝覚醒.ほんのややですから.リビングでうとうとしていたところ同居のひとが起き出してくる.ああ.あんまり手伝えなくてごめんなさい.朝ごはんだけ食べてもらって.では今日も元気に行ってらっしゃいませ. ひとまず散髪の予約.今日あたりは空いて…

ブンチャチャ難問即解決

普段よりちょっと早めに起床.さて軽くひとりで食事を摂って,続いて昨日に引き続き機械のチューニング.ただほんのちょっとキーバインドを変更したいだけなのに,なぜこんな手間がかかるのー.設定ファイルを覗き込んでは手間かけて書き換えて. いったん小…

Bifröst

ゆらりっと起床.同居のひともほぼ同時刻に起きており,ではもろもろ手伝います.が,朝ごはんは材料を切らしており話が進みませんでした.ごめんなさいごめんなさい.そしてどうぞいってらっしゃいと告げます. さて,お出かけを見送ったら,もうテレビは消…

ぼくらはいつのまにか虹にさわれないことをおぼえていた

それなりな朝に起きました.だけどなんだかなーな夢を思い出して陰鬱. 同居のひとがまだ起きてこないので台所でわさわさと食事.ぐつぐつと鍋を火にかけて,温かい食事を摂る. 自分の部屋でもちょもちょしてると同居のひとが起きてくる物音がする.はい,…

ひとは淋しさを分け合うようにはできていないの

ちょっと早めの覚醒.うーんこれはひとりで早朝ごはんにしましょうか.軽めのものをさくさくと.それから片づけてもう一度寝る.今日はもうなにをするというわけでもないので今からでも思い切り寝坊しましょう. そこから寝たり起きたりを繰り返す.起きたり…

世間知らずのお嬢さん

朝起きる.朝なのでごみ捨てなんか朝起きる.朝なのでごみ捨てなんかしましょうかね.続き同居のひとのお出かけの身支度を手伝い,朝食を提供してわたわたと.結構やることいっぱいある.それでは,なにとぞ無事で行ってきてください.今日は帰りが遅いとの…

のろのろチキンハート

午前五時前にふっと目が醒めました.もうちょっと寝なきゃ,体力回復が追いつきませんよ.そもそもぼくのハートの器が小さくて,ちびちびと小回復をさせていかないといけない状態なので.けど時間を確認する時いったん開いた電話の画面を眺めて結局夜が明け…

死んでも生きても了解です

今日はいろいろとだめな日のようで,朝から同居のひとを手伝いできないぴりっとしない一日の始まりでした.そろそろ出かけるよ,との声だけを頼りによすがにめりめりと起き出し玄関先までよろよろと出向きました.行ってらっしゃい気をつけて.いや,自分が…